クッションは分隊に分かれることを利用した難解な裏技。メイン以外の兵科を4人づつくわえる

例えば騎兵単なら、ソルジャーとアーチャーを四兵づつくわえる。これで歩兵四分隊、弓兵四分隊追加される。

敵はこれを攻撃してくるので、一度だけ囮になり、かつやられても士気が下がらない

四兵いればこんな感じに4分隊作られ、囮になって死んでくれる

検証の結果、例えば騎兵単なら歩4人+弓4人+残り全部騎兵が一番よいと感じる。全部のtierを8兵づつ加える場合もあるが、結果は大差ない

クッションを殺そう

このクッションを使う場合、クッションの兵科が攻撃されないと無意味。例えば歩兵方陣で、弓と騎兵を4兵した場合、陣形の後ろにいるので攻撃されず、クッションにならない

攻城戦以外の戦闘の場合、先頭の兵種しか攻撃されないので、クッションを陣形の前に出さないと役に立たない

攻城兵器はクッションにならないので不要。攻城兵器は常に最後尾におり、敵の遠距離ユニットに稀に攻撃されるのみ。闇の巣窟では負傷することがめったになく、クッションになっていない

闇の巣窟では必ず少数クッションを入れたほうが有利になる

ただし陣形によってクッションが全く攻撃されない場合がある。例えば騎兵方陣の場合、歩兵が攻撃されづらい。隊列の後ろにいるうえ、足が遅いからだと思われる。一方歩兵方陣の場合、騎兵と弓兵はちゃんと攻撃されてクッションの役目を果たす

弓メインの場合、クッションを利用しやすく有利。歩兵方陣を選択し、歩兵と騎兵を4兵入れる。クッションが先頭に立ち、弓兵が遠距離から攻撃するので、理想的な隊列が作られる。

上記により闇の巣窟で、歩兵方陣は優秀。どの兵種メインで使ってもクッションがちゃんと全滅するので、無難な選択だと思われる。特攻陣については、普通の方陣より優秀だと評されているが、検証が難しい

強制歩兵方陣

弓単だけができる有利なテクニック。こちら弓一種+クッションの組み合わせで闇の巣窟に挑む。こちらの歩兵と騎兵が全滅すると、敵の前衛が迎撃にでてくる。こちらに歩兵と騎兵が全くいない場合、最初から迎撃にでてきて攻撃されるので注意。

相手の陣形は必ず歩兵方陣に変更され、歩→騎→弓の順番になる。まず相手の歩兵が迎撃に出てきて、いない場合騎兵が迎撃に出てくる。

敵が騎兵+弓の組み合わせなら、敵の先頭を騎兵にできる。 これが強制騎兵方陣というテクニックで、こちら弓単で完勝できる

こちらの配置はこちら歩兵4兵+騎兵4兵+残り全部弓兵+歩兵方陣にする。こちらの騎兵と歩兵が全滅して、相手が迎撃にでたら成功。

歩兵方陣を選択すると、こちらの弓が最後尾に配置される。そのため騎兵だけをつり出すことができ、敵の弓兵が置き去りにされ、攻撃を開始するのが大幅に遅れる。

なお敵が三種の場合、前述のとおり必ず歩兵が先頭の歩兵方陣になり、こちらの弓は惨敗する。闇の巣窟lv6は敵三種固定なので、弓兵単は不利となる

敵が迎撃にでないように、歩兵と騎兵が全滅しないようにするしかない。この辺は未知で、弓兵方陣を採用して、歩兵と騎兵を後ろに配置したほうがいいかもしれない

特攻陣を使うとよりクッションが活用しやすくなり、戦果が向上するといわれている