ミシック装備はレジェンドのさらに上の階級の装備。レジェンドから性能が40%向上するが、多くのリソースを必要とする

まず研究の軍事指令→装備限界突破の研究を完了する必要がある。どうせ研究してもミシック装備は作れないので急ぐ必要はない

ミシック装備に必要な素材は、レジェンド装備作成に必要な素材+任意のランクの神輝きの火種である。神輝きの火種の必要数は、装備によって異なり法則はない。必要レベルが高い装備ほど必要とする傾向にあるが、人気がある装備も特別に高く設定されている

人気がある月の笛(火種レジェンド3)・守護のサークレット(火種レジェンド1)・召喚の宝具(火種レジェンド4)は高い。必要レベル40にしては高額な神輝きの火種を要求される

研究装飾の月の笛は定番だが、火種レジェンド3を要求されるのでお勧めできない。さすがに研究ブースト+300%ぐらいまで上がると、これ以上ブーストが増えてもあまり研究時間は短縮されない

ミシック召喚の宝具は火種レジェンド4と、重課金でも唖然とするレアリティとなっている。運営は召喚関係はエンドコンテンツとして扱い、吹っ掛けているようだ

おすすめグリフォンの爪で、エピック一つで作成できる。プレイ時間の長いプレイヤーなら所有していることが多い。採取用として非常に利用頻度が高いので、農民戦闘民問わずおすすめ

マイナーな装備は安くなっておりお勧め。建築速度が上がるトライデント(9.8%)はレア一個でミシックが作成できる。しかし建築速度はそんなに役に立たないので、わざわざ作るほどでもないかも

コンミッションヘルムはミシックランクでゴールド生産37.1%増加。ノセロス頭に生産ブーストがついてないので、生産用としては使える。ただしゴールドは生産力が上がると有り余るので、ミシック作るほどではないと思う

ナイトプレートは上二つと同じくlv35装備なのだが、レジェンド神輝きの火種を必要とする。研究が上がるだけの鎧だが、明らかに高い

海上狩猟の証は資源所持量が増える採取用靴。シャイニングブーツより性能が高いので、利用頻度が高くお勧め。デイリーミッション追加後、さらに採取が重要になったので、あれば絶対に役立つ。lv5採取するなら絶対に作っといたほうが良い。タイキルされたら大量に死ぬので

騎兵単向けのガルガンチュアのブラッドヘルム。低ランク装備だが、騎兵単に無駄なブーストが一切なく、火種の必要数が少ないのでお勧め。これより強い騎兵頭が欲しいなら、キラービーかセイバーファンの頭を作るしかない(どちらもレア素材10要求の最上級品)

セイバーファンの月牙のネックレスは、行軍速度の定番装備。神輝きの火種はレア5なので、lv40装備の平均的な数要求される。しかしコモン素材のセイバーの爪がなかなか集まらない

ノセロス頭のミシックは、無課金でも一応作れる。資源所持量と進軍速度がついて採取用としては重宝するが、エピック2要求と高め。セイバーファンの兜の方が進軍速度が上がるので、作っていれば不要。といってもセイバー頭は無課金には絶対にお勧めできないレア装備だが

調教経験値ブースト付きのシャーマンの胴。要求される神輝きの火種が少ないので、おすすめだが、霊力の源が全然集まらない。作れるころには調教経験値が無意味になっている可能性すらある

ハンターの槌はハンター装備の中で一番コスパが良く、微課金でもミシックをかろうじて作れる。これでも比較的良心的なので、他の装備我慢して狙うのはありかな思う

テラーボトルは歩兵単の最終装飾。作りやすく強力な割に、必要な火種も比較的少ない。聖杯のレアリティがあまりにも高すぎるので、テラーボトルはかなり良い装備になっている

現状神輝きの火種が購入できるスペシャルパックは、お得!神輝の火種パック

なお過去120円だった時の祝福の王国がおすすめだったが、パックの内容が良すぎたので改悪された