進撃コマンド

繁殖モード

このモード時のみ草食獣と肉食獣の繁殖スピードが速くなる。
ゲーム開始時にいつも選ぶことになるだろう。
草食獣以外は視界に入った獲物しか狙わなくなり、
敵陣に進撃してくれないため、あまり役にたたなくなる。
肉食獣はあらかじめ、敵陣にほうりこんでから、 繁殖モードにすればちゃんと敵を狙ってくれるが・・・

肉食獣も繁殖モードに設定すると、卵を産みやすくなる。
死体がたくさんあるか、敵陣に乗り込んで草食獣をたくさん襲えそうな場合は、
繁殖モードしたほうがいい場合もある。

進撃モード

進撃方向は上下左右に設定可能。
肉食獣は指定した方向にもたもた移動していく。
草食獣は草が見つからない場合のみ指定した方向に移動する。
そのため草食獣はちょっとしか指定した方向に動かない。

位置指定の進撃は自軍と敵軍の前に障害物があって、
迂回しなければ進撃できない場合や、複数の本拠地がある場合のみ使用することになるだろう。

進撃モードの真ん中指定は、各自近くの獲物を狙うようになる。
自軍に敵がいる場合以外は、結果的に敵陣地に向かって進撃してくれるので、
一番使うことになる進撃モードだろう。

ピーちゃんは卵がマップ上にある場合のみその方向に進撃を始める。
マップに卵がない場合、その場から動かない。
プテラは進撃モードでも自軍から動かないようだ・・・

指定位置に進撃

指定した位置に進撃ポイントを設定することも可能だ。
ストーリーモード後半の、迂回しなければならないようなマップでしか使わないと思うが。

ユニット標的モード

Pを消費するが、ユニットに向かって肉食獣を全力疾走させることができる。
プテラも誘導可能。仲間ユニットも標的にでき、ぼこぼこにしてくれる。
進撃モードより早く目標に到達できるが、Pを大量に消費するのであまり使わないだろう。
大量に肉食獣がいれば、それだけたくさん一気に誘導できるので効率は良くなる。

乱闘モード

一番近い敵ユニットに向かって全力疾走する。
Pを消費するのはユニット標的モードと同じ。
ユニット標的モードより標的を指定しなくて言い分、使いやすいか。