キーファの別れ

キーファの別れについて、ネタバレありで解説する。ドラクエ7で最も語り草になっているのが、キーファの永久離脱である。魅力があり、戦力としても頼りになる存在なのだが、自らの意志で離別の旅立ちをして、永久離脱してしまう。

どれほどの衝撃か例えれば、ハッサンがムドーを倒した後、実家の大工を継いでしまうに相当する

キーファの設定

キーファは主人公の幼馴染で、兄貴分的存在。グランエスタード城の王子で、16才の若者。やんちゃで好奇心旺盛な性格。自らの身分を堅苦して嫌っており、いたずら好きで有名だった。

一方ガキ大将的な包容力と行動力を備えた人物で、若輩ながら城の人々に慕われている。いずれグランエスタードの王として、国を次ぐことを皆が期待していた。その折には、ピョートル大帝のようなひとかどの人物になったかもしれない

しかしキーファは、王国を愛しているが、その器量からすると、のどかで退屈な場所だった。

旅の踊り子にひとめぼれ

六つ目の冒険の世界は、往年の闇の世界を連想させる夜だけの世界だった。そこでユバール族という踊りと音楽を愛するキャラバンにであう。彼らは封印された神を復活させるため、旅しているという。

キーファはそこの精霊の踊り子、ライラにひとめぼれ。怪我をしたライラをかばい、二人きりで付き添っている間、いい仲になる。その後ユバール族の今回の神を復活させる儀式は未遂に終わる。苦難の末、神の祭壇にたどり着いたが、まだ神を復活させる時ではなかったらしい。

主人公たちの役目は終わり、次の世界に旅立つ。 しかしキーファはユバール族とともに、旅することを決意する。 ライラ達を守るため、ユバール族の戦士になるという。この後キーファは二度とグランエスタードに戻ることはなく、主人公たちは両親への別れを体よく押し付けられた格好になる。

主人公がグランエスタードに戻るたび、キーファがいなくてさみしいといわれ、毎度いたたまれない気持ちにさせられる。しかもコイツに投入した種はすべて無駄になってしまうため、キーファに憤りを感じるのも無理はあるまい。

主人公を羨望するキーファ

キーファはグランエスタードの王子であり。城を継ぐという大事な使命を持っている。それをほっぽりだして、神を復活させるとかいうヒッピーまがいの怪しげな集団についていくなど言語同断だろう。

しかし実際はグランエスタード王子の身分など地方領主みたいなもので、退屈なだけなのかもしれない。また、ユバール族もキテレツな存在だとは言い切れない。この世界では、人間が魔物に脅かされ、封印とか伝説の何かを守る謎の人物がそこらにいる。

我々プレイヤーの目線から見ても、勇者とか伝説の存在比べ、どっかの貴族など取るに足らない。実際キーファもこう言ってる。

キーファ「お前(主人公)がうらやましかったんだぜ。お前のウデにあるそのアザ。お前もなにか運命をせおったヤツなんだろう。それにひきかえ、オレはただ王子って身分に生まれついただけの男だ。」

これについて、キーファは鋭すぎる。主人公の腕にあるアザは、実は水の精霊の紋章である。主人公は、伝説の海賊シャークアイとどこかの王女アニエスの子孫だが、危機にさらされたためマーレの母体に移し替えられたという無茶苦茶な設定を持っている。いわゆる古の勇者的存在で、伝説の武具をすべて装備でき、難解な古代文字を無学で解読できる。

それに比べれば、キーファの身分など取るに足らない。つまりキーファが離別を決意したのは、主人公のあまりにもすごすぎる出自に焦りを感じて、と言えなくもない。

大きすぎるキーファの損失

キーファの離脱は、仲間がいなくなって寂しい、どころか戦力的にも大きな損失になる。重要な戦士が一人減ってしまって、三人パーティーを余儀なくされるのが、どれほど厳しいか想像できるだろう。しかもドラクエ7は難易度が高くて、ダーマ神殿やグラコス戦など難所が続くのだ。

せめて「代わりが見つかるまでいてくれ」とか、「主人公の旅は世界を救う重要な冒険なんだから、わざわざユバール族についてかなくてもいいだろ」と思う。しかしキーファを弁護すれば、ユバール族とは後半まで再会できないため、キーファが護衛につかなければ、ライラもろとも滅んでいたかもしれない。

なおキーファの不在は結局最後まで尾を引く。伝説の英雄メルビンに加え、アイラというキーファの生まれ変わり的設定をもつ女性が仲間になるが、重装備ができる戦士はいないまま。

暗い別れ

キーファが旅で出会った踊り子に一目ぼれして、駆け落ちして別れるのは構わない。キーファらしい若気の至りだし、ストーリーの転機になる

しかしそのあとの展開について、未完成な印象を受ける。前述のとおりキーファがユバールについていく必然性に乏しいし、残されたグランエスタードの人々の心情を察するのはつらい

プレイヤーの心情としては、アイラとメルビンよりキーファがいたほうが嬉しいだろう。キーファの別れのおかげで、暗いストーリーが余計に暗くなるし

エンディングでキーファからの手紙が届くが、それを見ると余計に暗い気持ちにさせられる。主人公たちはもう世界を救ったのに、キーファはいまだに暗い世界で、険しい旅路を続けている。主人公が伝説の勇者で、世界を救った英雄になったことなど、キーファに知る由もない。

構想段階では闇落ちしたキーファがラスボスになる予定だったそうだが、そこまでする必要はない。ジャンと同じく、壮年のキーファに再会するイベントがあれば十分

しかし後のDS版でもキーファについてはイベントが加筆されることはなかった。DS発売前に散々期待されてたのだが、対して変わってない。

ドラクエ7はテキストのクオリティが極めて高いが、一方シナリオではキーファのその後と、神の唐突な登場が汚点となる。