2021年9月から規約違反に対して厳しくなり、懲罰処置が実行されるようになった

特にゲームの得意なスカラーは、複数アカウントや外部ツールに手を出して、BANされる事例が後を絶たない。

彼らも人間なので、やめろと言われても少しでも稼ぎたいのだ。おかげで、日本も含め多くの雇用主が多大な損失を被っている

運営はアカウントをスクリプトで監視しており、疑いだけでバンされる可能性がある。

非常に厳しく撤回される見込みは薄いので、以下の禁止行為を厳守すること

複数アカウントの禁止

一人が複数のアカウントを操り、無尽蔵にSLPを採掘することを防ぐため、複数アカウントは禁止

例えば同じスマホやPCで、複数のアカウントにログインした場合、フラグが立つ

さらにアドベンチャーかアリーナに入場し、SLPを獲得した場合、BANの対象になる

同じでデバイスで兄弟がプレイしている、という場合も問答無用でバンされる可能性が高い。

一方複数のデバイスで、同じアカウントをプレイすることは問題ない(複数アカウントではないと公式が認めている

アカウント間のアクシー使いまわし禁止

PvPでアクシーを使いまわしたり、スタミナの上限をあげるために、アクシーをアカウント間でギフトしあうことを禁止している

2021年11月30日のアップデートにより、ギフトされて24時間以内のアクシーがいるチームは、PvP,PvE含むすべてのSLPが獲得できない

EN(スタミナ)を増やすためにアクシーを移動させる行為も対策された。

購入および、ギフトされたアクシーは、その日のスタミナにカウントされないようにアップデートされた(2021/12/20

ゲームクライアントに変更を加える外部ツールの使用を禁止

これらのツールの仕様は禁止措置に当たる。内部時間を変更するツールはポピュラーだったらしく、スタミナを連続して入手することができた。

運営はゲームクライアントはグローバルタイムを採用しているので、クライアントの時間操作が発覚した場合バンすると発表している

MMR800以下のアカウントを破棄して、新規アカウントでプレイ(MMR1200に復帰

MMR800以下になると一切のSLPが獲得できない。そこで新しいアカウントを作り、そこにアクシーを移して、PvEだけで稼ぐという方法

これは公式が現状禁止行為とは明言してないが、BANに追加される可能性が高い行為になる

おそらく運営がこれを検知するシステムを発明できていないのだろう

マーケットで自動売買BOTの使用

マーケットでは安すぎるアクシーを自動的に購入するBOTを、何者かかが走らせている

運営はこれを検知して処罰するために、安すぎる値段で売られたアクシーが即購入された場合、そのアクシーが使用停止になる場合がある

18歳未満の利用を禁止

規約では、サイト、アプリ、およびスマートコントラクトを使用または登録を、許可しないと規約している

見分けることはできないだろうが、18歳未満は、スカラーとして雇用されることはない。応募があった場合、年齢を理由に、必ず却下しなければならない

子供とかにアカウント作らせたり、アクシーをやらせたりするのも、一応ダメなので、Twitterとかに投稿するな

一斉BANの事例

2021年9月に30000のアクシーが使用禁止。2021年11月21日に24000のアクシーが、予告なく使用禁止になった

黒と判断されたアカウントが所持するすべてのアクシーは、999日間の使用停止措置が取られる。

実際に該当のアクシーがbanされる事例があった。その時3万件とレポートされてるので、アクシーの送信記録はサーバーに保存されており、一日に何回も送られたアクシーは、自動的にbanされると思われる

https://discord.com/channels/771533474758000650/818493766046056458/885803758506889239

毎晩、エネルギーシステムを悪用しているプレイヤーをバンした。Axiesをフレンドを送るのは許可されているが、以下の行為を禁ずる

  1. 毎日のクエストを完了した後、Axiesを「友達」に送信。
  2. 次に、その「友達」は新しいアカウントでSLPの毎日のクエストを完了し、それを別の「友達」に送信。
  3. 次に、その「友達」は新しいアカウントでSLPの毎日のクエストを完了し、それを別の「友達」に送信。

この行為で何度もアカウント間で送られていた30000のアクシーを使用禁止処分した

この制裁措置に気づいたプレイヤーは、即座に該当のアクシーを低価格で売却した。

そうやって購入されたアクシーの使用禁止処分は次第に解除される