アクシーの売却は簡単に行うことができる。出品中のアクシーは売れるまでは、PvPやPvEで通常通り使用できる。ただし売れた場合、PvEのレベルは初期値の1になってしまう

マーケットではEthの単位を誤って、安く設定しすぎるミスが後を絶たない。値段を安く設定しすぎると、前述のBotに即落札されてしまうので、取り返しがつかない。

初めて売却する場合、絶対に購入できない高額で出品すること。出品に手数料はかからないので、操作を必ず試してみたほうがよい

売却するとEthとしてRoninに入金される。売却成立時の手数料として、約定代金の4.25%のEthを支払う

売却方式は、シンプルな固定額で売却。売却単位はΞ(ETH記号)なので、画面は0.5ETHで出品する

時間とともに値段が変化するオークション形式が選べる。オークションという名前には偽りがあり、複数のユーザーが額を競い合うわけではない。タイマー式というべき

普通は開始時の金額(Start price)を高く設定し、終了時の金額(End price)を安く設定するのが一般的。決めた日数の期間で、価格が下落していく。終了時の価格を0とかに設定すると、まじでゴミみたいな価格で落札される可能性があるので、やめといたほうが良い

逆の設定の場合、時間が経過するとどんどん値段が高くなっていく。この設定の使い方は不明。需要が少ないレア個体を値段が高くなると煽って買わせる

出品後はInventryで現在額を閲覧できる

アクシーの詳細画面で、Cancel Sellingで出品キャンセルができる。出品のキャンセルに手数料はかからないので、一度出品→取りやめで、手順を確認したほうが良い

売れた場合登録メールアドレスに売却成立のメールが来る。取引の履歴に購入者のアドレスもあるので、どんな人に買われたか気にならない?

売却相場を調べる

アクシーを売る際の目安になる相場はマーケットで調べるしかない。

売りたいアクシーが持つカードの組み合わせで検索し、現在出品中の価格が基準となる

これにBreed Countが低ければ高値、高ければ安値で売れる。遺伝子が優秀なら高値になるが、そこまで見てる人は少ないだろう

あとはPvP用のアクシーはspeedとIdが価格評価項目となる

上記の条件で検索してもHITしない場合、For Sale→Allに変えて、現存する個体で同じものがいないか調べる。

同じものがいたら、取引履歴を見て価格を推測する。ただし販売されていないということは希少な個体で、既存の価格では図ることができない

自分のアクシーにかっこいい名前をつけることもできるので、誰か見て買ってくれるかもよ