DMMは無登録取引所への送金を停止しており、バイナンスなどの海外の取引所への送金不可能。そのためMetamaskに送るしかできない

DMM BitcoinはEthの購入とMetaMaskへの送金に使いやすい。手数料が安めでMetaMaskへの送金手数料が無料なので(Gasは有料)

DMM Bitcoinを開設して操作を試すのは、お金もかからないのでおすすめ。ポイントサイト経由で開設して5000円以上Ethを購入すれば、ポイントもらえます。ポイントサイトを比較して開設してください

日本円の入金は、銀行口座から手数料無料で即時送金のクイック入金が利用できる。私は楽天銀行を使っているが、手数料無料回数を使わなくてもいいので助かっている。ただし入金の最低額は5000円以上なので、最低5000円用意する必要がある

出金手数料も無料なので、操作を試したいときも無料で確かめられる。ただし出金額は2000円以上を指定する必要がある

前述の方法で、銀行口座からDMM Bitcoinのウォレット口座に入金する

Ethの購入は具体的に以下となる

口座振替をクリックして、ウォレットからトレード(販売所)へ日本円を送金する。トレードの入出金は無料なので、手軽に試せる

取引開始をクリックして、取引所を開く

取引所の左上メニューの現物注文をクリック

ETH/JPYにセットして、日本円でイーサリアムを購入する。

Ethリアムの数量を入力して、預金額で買える分を注文する。画像は、0.0136Ethを4938円で購入する。

ここでEthの数量を入力すれば、預金がなくても、どれだけのEthを日本円で購入できるか調べられる。仮想通貨の購入にはスプレッドがかかるので、手数料が3~5%程度引かれて資産が目減りする

DMM Bitcoinの操作について調べたいだけなら、Ethの購入はしないこと。スプレッド手数料引かれちゃうので

購入後は再度口座振替を実行。

今度はトレードからウォレットを選択し、購入した分のEthの数量を指定して、ウォレットへ送金する。この操作には何度でも手数料などはかからず、すぐに完了する

マイページに、購入して送金したEthが反映されているか確認する。

ここからEthをMeta Maskへ送金する。ここからが結構厄介な部分になる

マイページメニュー出金・出庫をクリックし、Eth出庫をクリックする

出庫が開くので、自分のMetaMaskのアドレスを追加する。ニックネームは何でもよい

MetaMaskのアカウントを作って、アドレスを確認しておかないと、これ以上進めない。自分のMetaMaskのアドレスを間違えると、全額戻ってこないので、必ずしっかりコピーペーストしてください。登録するだけで送金を実行しなければ特に問題ない

この後パスワード入力を済ませれば、EthをMetaMaskへ送金できる。

DMM BitocoinのEth送金は手数料はかからないが、即時ではなく、注文を出してから、三営業日以内に行われる(土日祝日は停止)

そのためMetaMaskへのGas代金がいくらになるか全くわからない。Gas feeは時間によって全く違うので、とてつもない高額なGasを要求される可能性がある

一応送金のリクエストはただでキャンセルできるので、何か手違いがあったらキャンセルしたほうが良い