エネルギーを奪えない

エネルギーを奪う系の効果は、相手がエネルギーを残していない場合失敗。こちらはエネルギーを獲得できない

またカードを捨てる系も、相手がカードすべてセットしている場合効果がない

サポートカードはコンボ可

カードの攻撃タイプにはMelee、Range、Supportの三種類がある。サポートはHP回復したり、バフをつけたり攻撃しないカードのことで、他とはやや異なる。

プレイしても攻撃したと判定されないため、スタンや攻撃ダウンのデバフが消えない

プレイした時の演出もほかと区別されるが、コンボは通常通り達成される。サポートのカードは攻撃しないため無意味だが、一緒にセットしたカードはコンボボーナスが乗る

一ラウンドに一度まで

CARROTは一ラウンドに一度と書かれており、ラウンドで一度しかエネルギーをえられない。しかし2枚キャロットをセットしてプレイした場合は、2エネルギーまでえられる。

ほかのカードも同様の結果になるが、jar barregeは多分一度しかダメージを軽減できない。

idle 待機状態

カードをセットせず、バトルフェイスを開始したアクシーを、idle(待機)と表現する。これを対象としたカード、Spinal Tap、Shell Jabが存在する

コンボしたとき

when comboed(コンボした時)を条件とする。これらのカードはセットする順番は不問で、二枚以上セットしてプレイすれば条件を満たす

with at least 2 other cards(ほかに二枚以上のカード)の一文がある場合、三枚以上セットしなければ達成されない

attacks first

このラウンドの最初に攻撃した時を条件とする

攻撃対象変更

攻撃対象変更はPvPの花形で常に話題になる。しかし効果がややこしいものになっている

人気があるのはBirdのDark Swoopで、最もSpeedが高い敵を攻撃対象にできる。脆いBirdかAquaticがターゲットになるので、強力なバックアタックを仕掛けられる。

これらのカードは好きな位置にセットしてコンボできれば、攻撃対象を変更できる

もっとややこしいのは、BirdのSmart Shotで、二体以上の敵がいる場合、最も近い敵以外を攻撃対象とする。通常アクシーは自分から最も近い敵を攻撃対象とするので、それを変更して、うまくいけばタンク以外の敵を狙い撃ちできる。これらのカードの英文は"Skip the closest target"と書かれ、"近い敵をかわす"という、効果がわかりづらい訳文になる