四枚コンボやめとけ

コンボは二枚セットすれば、両方のカードに最大のコンボボーナスが加わる。実は三枚以上に増やしたからといって、コンボボーナスは増えない。最高の四枚コンボを決めても、別に火力が上がるわけではない

ここで問題を出すが、二枚コンボ*2と四枚コンボ一回、どちらがすぐれているだろうか?

二枚コンボ二回の方が優れている。二枚でちゃんとコンボは達成され、最大限の火力が出るからだ

一方四枚コンボは火力は同じだが、リスクが激増する。 つぶされたりオーバーキル(もう死んでいる相手に攻撃する)が起こりやすい

よって、Single CombatやSpike Throwのような、三枚以上のコンボを要求するカードは、それだけリスクも高くなる

一方Nut Crackerのような、二枚で火力が出せるカードは、扱いやすいといえる

ラストワン(最後の一人

ゲームでも現実でも、チームバトルは人数が減るほど不利になる。1VS2で戦うとなると、どれだけ不利か想像できるだろう。しかしこのカードゲームではあてはまらない。

ラウンド開始時、各チームは三枚カードを引く。チームに三匹のアクシーがいれば、おおよそ平均一枚になる(不確定だが

一方最後の一匹になったアクシーは、確実に三枚手札を加える。手札が充実するのでエネルギーさえあれば、強力なコンボを繰り出せる

特に最後の一匹がBirdの場合、火力とイニシアチブで逆転が起こりやすくなる。コンボを狙おうとした味方が、先制攻撃で撃沈される可能性がある

結局プレイスキル次第だが、順番とターゲットを把握して、逆転の目を摘むことだ