エンディング

今作のエンディングはダンジョン同様厄介なものになっている。

ケツアルカトルと戦うには、道中エリアZのクレオ率いるガーディアンを倒さなければならない。この一団を倒すとクレオは消滅し、地下図書館にいなくなる

ラスボス撃破後、もらえる巫女の指輪はドラゴンの洞窟に行くために必要なアイテム。しかしこれを街に戻ると王に没収されエンディングに移行してしまう。没収されたときにいたメンバーは称号が付き、王様に謁見するとMPが回復する。しかしこのキャラクタがいるとケツアルカトルが出現せず、新たな巫女の指輪を入手できない弊害がある

そのため新しいパーティーで、再度ラスボスを倒さないと、ドラゴンの洞窟に入るのに必要な巫女の指輪が手に入らない

そのため以下のような手順で、巫女の指輪を街に持ち込む必要がある

称号を付けずに脱出し、巫女の扉を開ける

  1. 町に入って王様との会見で会話テキストが出ている段階で、ソフトウェアリセット(L1+L2+R1+R2+スタート+セレクト)を行う。要はムービーが表示される前にソフトウェアリセットすればOK
  2. タイトル画面でコンテニューを実行する
  3. 町に戻ったキャラが、そのまま全員酒場に戻っている。腕輪をもったキャラが街に出なければ、エンディングは決して始まらないので、酒場にこもらせるか、酒場からでないキャラに渡しておく
  4. 訓練場で巫女キャラを作成。18才の女エルフ僧侶、規律は悪か善を作る。15才の場合、再訓練すれば18才になる
  5. 練武上などでレベルを5まで上げる。それ以上絶対上げないように
  6. 酒場で巫女キャラに腕輪をわたし、装備させSP開放する。ステータスが巫女のものとなる
  7. 50000GP用意しておき、その巫女キャラをパーティーにいれたまま、酒場メニューが表示されている画面で[R2]ボタンを押す
  8. ボルタック商店へのショートカットキーなので、街に出ることなくボルタック商店に直接移動できる。呪いを解く→巫女の腕輪。50000GPで消滅できる。
  9. 巫女キャラをパーティーに入れて、練武場に入る。敵は出ないが、太陽の石板がないと降りれない
  10. エレベーターでG階に降りる。すぐの隣の降りる階段を降りる
  11. x10y11 巫女の扉を開けて、ドラゴンの洞窟へ入る。
  12. すぐそばに帰還テレポーターから戻る。もう巫女キャラは不要で、街から自由にドラゴンの洞窟へ行ける

巫女の腕輪がなくなったため、エンディングも始まらず、称号もつくことがない。巫女キャラが作成でき、晴れてドラゴンの洞窟への扉を開ける。またケツアルカトルを倒せば、巫女の腕輪が手に入るので、エンディングを見ることもできる

ドラゴンの洞窟ではレベル70くらいないと全く歯が立たない。しかし一度も敵と戦わずに進むことができ、ダイアモンドドレイクをマハマンで消せば、魔法の魔除けを入手できる。この装飾品は誰でも装備可能で最高の防御力を誇り、何度でもマロールを使える。これのためだけにドラゴンの洞窟に行ってもよい。

神殿内部地下一階のゴーレムを倒すことによって、クレオと戦うことなくエンディングに到達できるので、今後のことを考えるならそっちを利用したほうが良い。レベルが80くらいあればシャドーゴーレムに勝つことができ、ちょうどそのレベルならドラゴンの洞窟でも通用する

エミュレーションでスタッフロール前でフリーズする場合

エミュの場合エンディングムービー後、スタッフロール直前でフリーズしてしまう。これはromをiso読み込みではなく、ドライブにマウントすれば解決できる。もしくは前述の方法で王との会見中にソフトウェアリセット(L1+L2+R1+R2+スタート+セレクト)をすればよい

この方法だとエンディングに入ることなく、巫女の腕輪を酒場に持ち帰ることができる。あとは上記の方法と全く同じである