時間をかけても入手が困難なアイテムが存在する。エンチャントソードやラバチャームがそうで、釣りのCrateでわずかしか出現しない。ジャニーならCrateを研究完了すればいい。

それ以外ではseed値を入力して、どこに宝があるのか判明済みのワールドを作る。ただしアップデートでワールドの生成が変わると入手できなくなる。どうしてもワールドから入手したい場合マップビューアーも使うこと

seed値、大きさ、汚染の三つを必ず記載と同一にすること。難易度はjourney or classicを選択する。masterを選択すると、生成が変わってしまう。seed値はここでコピー[Ctrl+C]して、ゲームのクリエイト画面でペースト[Ctrl+V]できる

以下はすべてver1.4で確認済み。ver1.4.1.1では使用不可

for the worthy

通常よりさらに難易度が高い特殊seedで、ありとあらゆる難易度上昇。ジャーニーでも作成可能。なお特殊seedはworldを切り替えるフラグのようなもので、ワールドを固定することはできない(毎回異なるworld生成

Drunk World

seed値 05162020

for the worthyと同じsecretseed。世界にクリムゾンと不浄の地の両方が作成され、音楽が同社別ゲームのTerraria:Otherworldの物に置き換えられる。

初期配置のNPCはパーティーガールで、話しかけるとmusicオプションがある。選択すると、前述のゲームミュージックを既存のものと交換できる。これを実行すると、別の世界のすべてのパーティーガールで、同様の機能がアンロックされる

しかしOtherworldのBGMは自己主張が激しすぎで、SEが聞こえなくなる

Moon Lord Legsと、Red Potionという二つのこの世界だけのアイテムが存在する。

ゲームプレイでは難易度が上がるようにいくつか変更が加えられている。すべての鉱石が出現する。敵やイベントの出現率が増加。特殊バイオームの設置条件が異なるなど