スーツ

スーツにはスタミナ消費量という隠しパラメータが存在する。
これは動き回った際のスタミナ消費量で、
重量が高いスーツほど、スタミナ消費量が高い傾向にある。

たとえ軽量化してもスタミナ消費量は減らないので、
重いスーツはペナルティがあると思っていい。

Sunrise bodysuit

別名STALKERスーツ。
ゲーム開始時から持っているスーツだが、軽量スーツのなかではまあまあの性能。
防御力はあまりないが、軽量化改造が早い段階から可能で、
ZONE内を探索しやすい。

SEVAスーツまであまりよい性能のスーツが手にはいらないので、
これをできるだけ改造して使っていくのがオススメ。

Beryl-5M armored suit

序盤から Owl が売っている防弾スーツ。
防弾力はSunrise bodysuitよりうえだが、
他の性能で劣っている。値段が高いわりに、性能は低いといわざるを得ない。

CS-3a body armor

nimbleにスーツを依頼し、4万Ruで購入できる。
序盤で入手可能なわりに性能は一流の重装甲スーツである。

しかし重くスタミナ消費量が激しいため、 ミュータントを回避しづらくお勧めできない
ZONEの探索には重いスーツが向いていないというのが良くわかる。

Wind of Freedom bodysuit

Sunrise bodysuitの上位的存在で、軽い上に各種防御力が向上している。
スタミナ消費量も最も少なく、ZONE内を快適に移動できるだろう。
しかしこのスーツは耐久性が低いという欠点を持っている。

Morgan のPDAをFreedomの司令官に渡せば入手できる。
最速ならYanov駅到着後すぐに手に入るので、
Sunrise bodysuitから乗り換えるのも可能だろう。

Freedom Guard bodysuit

Freedom製戦闘服で、CS-3a body armorと同じランクの重装甲スーツだといえる。
CS-3a body armorと同程度の防御力を誇り、かつ軽くスタミナ消費量が少ない。
そのためこのスーツの方がずっと優秀に見える。
しかしできる改造がCS-3a body armorの方が多いため、最終的には甲乙つけがたい。

dutyスーツ

PS5-M Universal Protectionと
PSZ-9d Duty Armorの二つのDutyスーツが登場するが、
銃弾がやや高いがそれ以外が弱いため、使い道がないスーツだ。
今作ではDutyに媚を売るメリットがあまりない。

SEVAスーツ

Pripyat-1 トンネル突入直前に、各トレーダーとnimble が販売し始める。
性能はおなじみで、アノーマリー耐性はピカイチだが、防弾性能は低めである。

10kgの重装甲スーツだが、ヘルメットと一体型なので、実際はもっと重量は軽い。
5kgの軽量化改造ができ、最終的にはもっとも軽いスーツになる。

これだけの性能で、この軽さなら間違いなく最高のスーツだろう。
またCoPでは弱点である銃撃戦が減っているので、歴代でもっとも使えるSEVAスーツといえる
ただ強すぎるためか、今作ではSEVAスーツにナイトビジョンはつけられなくなっている。

改造はCSと同じで、アノーマリー耐性が高いスーツは、
さらにアノーマリー耐性が向上するようになっている。
なのでアノーマリー耐性を重点的に強化していくと良いだろう。