テクニック

武器を使うときは、必ずセミオートにする

CoPからオート連射だと、武器が劣化しやすいという内部パラメータが追加された。
そのため、オートとセミオートでは同じ弾数を撃つと、オートの方が武器が劣化する。

セミオートだと連射力が落ちるが、反動制御しやすく使いやすい

弾薬はその辺のNPCに売りつけろ

物品の売買はトレーダーが請け負っているが、
NPCにもアイテムを売ることができる。
そのほかNPCに売る場合、 弾薬などは4倍ぐらい高く買い取ってくれる。

NPCは所持金の制限があるため、すべて売りつけることはできないが、
Yanov駅ならたくさんNPCがいるので、大金が手に入るだろう。

Nimbleのユニーク武器販売リスト

接近戦用の武器がほしい 1万Ru
SPSA14ユニーク Carabineer 
拳銃がほしい
SIG SAUER P220 Unique Alpine
IMI Desert Eagle Unique Steppe Eagle
H&K USP45 Unique March
アサルトライフル 2万Ru
Tunder S14 ユニーク Storm
GP37
FT-200M
スナイパーライフル 2万Ru
Vintar BC ユニーク
SVUmk-2 ユニーク
SVDm-2 ユニーク
スーツ 4万Ru
CS3A body armor

まず真っ先に接近戦用武器がほしいを選択して、Carabineerを買うこと。

拳銃は値段も安く、性能もなかなか。
しかしハンドガン自体あまり使う機会が無いので、買う必要はない。

アサルトライフルは値段が高いが、リサイクル施設のMercenaryに勝つために必要になる。
値段が高いといっても、金はたくさん手に入るゲームなので買ったほうが良いと思う。

スナイパーライフルはVinterBCのユニークが手に入れば当たり。
しかし今作では長距離での戦闘は少なく、
スナイパーライフル自体出番が無いので買う必要はないだろう。

スーツを購入すると手に入るのはCS3A body armor。
4万Ruはアーティファクトを売れば簡単にそろうので、簡単に買えるだろう。

重装甲のスーツとしては一番良い品だが、序盤にしては重すぎる。
スタミナの消費が激しく、ミュータントから逃げるのにストレスを感じるので、
買うのはお勧めしない。

どうせPripyat突入前にSEVAスーツを必ず買うハメになるので、
それまでStalkerスーツで十分だろう。