個人スキル

獲得できるスキルの最大値は10。
パーティースキルに限り、プレイヤースキルボーナス+4を加えて、最大で14まで上昇する

筋力スキル

鋼の肉体/Ironflesh

HP+2
筋力1ポイントでHP+1なので、鋼の肉体の効果はしょぼい
最大HPは医療スキルや、防具の質で価値が上昇する
ゲームが進むにつれて、重要なスキルになるだろう。

強打/Power Strike

近接武器の威力+8%
剛投・弓術とくらべ威力の上昇値は少ない
しかし近接武器はもともと威力が高く、使用頻度が高いため
劣っているわけではない

強打は近接武器の威力上昇だけの効果だが、白兵戦の戦闘力をもっとも上昇させる

剛投/Power Throw

投擲の威力+10%
投擲武器を近接武器として利用する場合は無効
この場合は強打が適用される

弓術/Power Draw

弓術はもっとも強力な筋力スキルであり、威力のみならず命中精度も上昇する
弓は扱いが難しく精度が悲惨なのだが、
弓術させ上げまくっていれば、簡単に中心に飛ばせるようになる

機敏性スキル

盾防御/Shield

このスキルは飛び道具への耐久力を増すスキルだと思えばよい
歩兵にとって盾防御は、攻城戦の生存時間に直結する

一方白兵戦ではあまり効果が無いようだ

弓とクロスボウ兵は、盾スキルをとらなくてよい。
射撃中は盾が使えないので、盾スキルはほとんど活用できない

なお無印時代にあった盾スキルバグは解消された模様

アスレチック/Athletics

徒歩時の移動速度と行軍速度を上げる
AI操作だと移動速度はあまり戦闘力に貢献しない

一方プレイヤーは変幻自在に動き回れるので、重要度が高くなる
ギルドマスターに会う時間を短縮できるし、
歩兵だと戦闘はやりやすくなる

アスレチックのようなスキルが一番重宝するのは、海賊だろう
毎日驚異的な量を歩いているし、戦闘では移動スピードがそのまま
攻撃される回数に直結する

乗馬/Riding

無印時代では騎兵の戦闘力に直結する最重要スキルだったが、
WBではそれほど重要でもない
WBでは馬の操作性が向上しており、
またスピードを出さないほうが、横振りが当てやすいためである

槍騎兵は加速ボーナスが必須になるので、極限まで振ること
剣騎兵の場合、とりあえず突撃馬に乗れる4あればよい

武器熟練/Weapon Master

すべての武器の熟練度上限+40
熟練度の限界=60 100 140 180 220 260 300 340 380 420

熟練度の限界を超えた武器は、熟練度の上昇が鈍化する
ただし武器熟練に振っても、40しか上限が上がらないので、
すぐに上限を超えて、武器熟練が無価値になってしまう

熟練度は上限とは無関係に上がれば上がるほど成長が鈍化する
なかなか熟練度が上がらないので、武器熟練の効果は大きくなる

機敏性を上げてるキャラクターは戦闘力が低く、戦闘で熟練度が上がりづらい
そのため武器熟練を上げても持て余し気味である

熟練度が上がりやすい弓・クロスボウを使っていると、効果が高いスキルである

馬上弓術/Horse Archery

騎乗時の飛び道具ペナルティを緩和する
騎乗時は威力と精度のペナルティがある
飛び道具のダメージペナルティは、馬上弓術10で消滅
精度についてはスキルと移動スピードが影響する

低速で弓を打ちたいなら、馬上弓1~3程度でペナルティなしの精度となる
一方全力疾走で射撃する場合、極限まで馬上弓を上げなければ精度は落ちる
徒歩でも移動中の射撃は、精度が落ちるので仕方があるまい

余談だが、馬上弓術以前に高速で騎乗中の射撃は難しい
AIカーギット弓騎兵でも、しょっちゅう射撃が外れている
速度を落としたほうが、やはり命中は向上するだろう

略奪/Looting

戦利品を10%増量し、質も向上する。
村々を略奪し放火する時間を短縮する
賊退治するなら必須のスキルで、海賊から良い装備を徴収できるようになる。
このスキルを持っているコンパニオンはいない

コンパニオンに持たせる場合は、機敏性の高いクレティがよい
ただできれば自分でとったほうがよいと思うが

知性スキル

戦略/Tactics

一度に出撃できる兵士の数を有利にできる
退却時の損失を減らす
オート戦闘時の戦闘結果を有利にする

はずなのだが、計算式が特殊なのかぜんぜん有利にならない
仕様がわからないのでなんともいえないが・・・

アルティネールとアライェンが取得している
上げるなら建築と一緒に上げれるアルティネールがよいと思う

技術者 / Engineer

攻城戦の梯子と攻城櫓の建築時間の短縮
領地の建築物の費用と期間の減少

はじめは役に立たないスキルだが、攻城戦が始まるととても重要なスキルになる
技術者を持っていないと、攻城櫓の建築に3日以上かかる

経路探索 /Pathfinding

パーティーの行軍スピードを3%上昇する。

取得コンパニオン

追跡術/Tracking

ワールドマップで足跡の表示と、拠点・部隊の編成を表示。
拠点の守備兵の数を遠くから見れるのは、軍隊を指揮しているときに重宝する。
経路探索とは逆に、大規模な部隊向けのパーティースキル。

観測術/Spotting

ワールドマップでの視界が10%ずつ上昇する。

治療/Wound Treatment

時間経過による自部隊の体力回復量が20%ずつ上昇する。
死んでしまうと治療もクソも無いため、以下の治療スキルに比べて効果は少ない。
その分体力の回復力は多めに設定されている。

手術/Surgery

一般兵が戦闘不能になった場合、4%の確率で気絶状態になり死亡を免れる。
敵味方が大規模になる戦争中ではもっとも効果があるスキルで、
自軍のみならず友軍まで部下の損失を防ぐことができる。
一方コンパニオンなどは死亡しないため、コンパニオンのみの編成だとあまり効果はない。

普通の兵士を育てる場合には非常に重宝するスキルである。

応急手当/First Aid

ヒーローキャラクターが戦闘で消耗したヒットポイントを、 戦闘終了後に5%軽減する。
死亡しないプレイヤーやコンパニオンには効果が大きいスキルで、
戦闘不能になっても再度戦闘を挑めるようになる。

訓練/Trainer

得られる経験値 4 10 16 23 30 38 49 55 65 80

このスキルを保有しているキャラクターより、レベルの低いキャラクターは経験値を得る
経験値は深夜時間帯に与えられる
訓練はパーティースキルでないので、複数のキャラクターが保持していれば、もらえる経験値は増加する
駐屯している新兵を鍛えたい場合、深夜だけパーティーに加えれば経験値がばっちりもらえる

訓練は自分よりレベルの低いユニットにしか効果がないため、
もたせるなら脳筋タイプのユニットのほうが効果的

といっても現実はジェレムスなりボルチャなりが
あまったスキルで振るぐらいになるだろうが

荷物管理/Inventory Management

所持アイテムを+6するスキルで、もっとも多くの兵士たちが死にスキルにしている。
略奪スキルが高いか、もしくは行商時に重宝するが、それ以外ではあまり必要ない。

魅力/Charismaスキル

説得/Persuasion

クエストでlordとの取引の成功確率を上昇
コンパニオンの引き留め確率を上昇

クエストを頻繁に引き受けていないとあまり出番のないスキルだろう

取引/Trade

取引のペナルティが5%減少する。たとえば都市で物を買うときは5%減額され、売るときは5%増額される。
しかし取引のペナルティの計算式は特殊で、物を買うときより売るときのほうが取引の効果が大きい

取引スキルの取得には知力ではなく、魅力が必要となる。
そのためコンパニオンに取引を上げることはオススメしない
取得コンパニオン ジェレムス:4,ユミラ:4,カトリン:4

Leadership/統率力

部隊の人員上限+5
部隊の賃金-5%
士気ボーナス

軍隊が大きくなってきたら効果を発揮するが、
それまではあまり役に立たない

Prisoner Management/囚人管理

牽引できる捕虜の拘束人数が5人増える。
敵lordの捕獲確率の上昇
敵lordは囚人枠がなくても、部隊に拘束できる

捕虜にできるのは結構だが、WBではワールドマップが広大になり
奴隷商人がなかなか見つからない。
捕虜にせずすぐに開放してしまったほうが良い気がする。