攻略情報

こまめに駐屯するべし

城と都市でしばらくとどまるを選択すると、宿泊費と引き換えに安全に駐屯できる。治療スキルが低い序盤ほど、じっくり駐屯すべきだろ。行軍スピードが減る夜間は、拠点に駐屯して体力の回復に専念したほうが無駄が少ない。

退却で、自分に有利な地形を出す

戦闘開始して、敵に攻撃をするまでの退却はペナルティがない。退却すると地形が変わるので、自軍に高台が来るまで退却を繰り返せば有利になる。退却時に出現する地形は全3種類なので、何度か退却してみてすきな地形を選ぶとよい。

兵士の効率的なアップグレード

同じ名前のユニットはたくさんいるほど効率的に経験値が入る。ノルド戦士が20人ほどいる場合、一人づつノルド古参兵にアップグレードするより、20人全員アップグレードできるまで、アップグレードを控えたほうが必要な経験値が少なくて済む。

大舞台ほど、戦利品が減る

自軍のユニット数が多いほど、戦利品の数は減る。詳しい記述は無いが、兵士たちで山分けしているらしい。また名声も少人数で勝利するほど、多く獲得できる。少数行動可能な脳筋キャラは、ゲーム的に大きなアドバンテージがある

ゲーム中に別のウィンドウを開く

このゲームは強制的にフルスクリーン、ゲームを終了しないと、別のアプリを動かせないようになっている。ゲーム中にメモやネットなど見たい場合、[ALT+TAB]キーを押すこと

退却のデメリット

敵に近い位置で退却を選択すると、プレイヤー側にペナルティが加わる。味方が負傷して数が減ってしまうため、不利なる。攻城戦で矢を補充したいからといって退却を選択すると、大きな損害を被ることになる。逆に敵が退却中に退却を選択すると、仕切り直して、敵を逃がさず全滅できる

筋力と機敏性の効果

筋力にはHP+1と表記はないがそれに加えて、クロスボウ以外の攻撃の威力を、1%上昇させる効果がある。

機敏性は武器のスピードを上昇させると表記されているが、バグなのか記述ミスなのかその効果はない。徒歩時の移動スピードを0.5上昇させる

筋力の効果は絶大で、攻撃力と耐久力の両方を底上げすることができ、戦闘力に大きく貢献する。一方機敏性はあまり戦闘力に貢献していない。特に乗馬しているとまったく効果はなくなる。

武器の熟練度の効果

武器の熟練度は攻撃スピードを上昇させる、飛び道具の場合、それに加えてレイティクルの収束とそのスピードが上昇する

この効果は武器がもつ速さを乗算する方式である。そのため熟練度が上がると、速さが高い武器ほどさらに高速で振り回せる

一方攻城用弩弓のようなスピードが低い武器は、あまり熟練度で敏捷にならない。弩弓は熟練度でリロード速度が向上するのだが、攻城用弩弓はあまり早くリロードできない。一方ワンランク下の重弩弓は目に見えてリロードスピードが速くなる

少人数戦闘で決まった仲間を出撃させる

賊のアジト襲撃や、攻城戦の場内突撃は自分を含めた少人数での出撃になる。連れて行くメンバーは選ぶことはできないが選定は簡単な規則で行われる。単純にパーティー画面の上から順に選ばれるのだ

そのためパーティー画面の上には近衛兵として、強力な歩兵ユニットを配置しておくとよい

戦闘AI、キャンペーンAI、戦闘スピード

Optionには戦闘AIとキャンペーンAIという設定がある

戦闘AI

戦闘時のAIの動きを改善する効果で、積極的に武器を振るようになり、射撃も頭を狙うようになる

キャンペーンAI

AIロードの兵士の補充スピードまたプレイヤー軍の死亡判定・回復スピードがシビアになる

戦闘スピード

これは自分の戦闘ではなく、自分以外の部隊による戦闘に影響する。
AI同士の戦闘時間が短くなる。
友軍と敵軍の交戦や攻城戦が素早く終結するため
自分が友軍として駆けつけるのが難しくなる。
またAIの攻城兵器の作成スピードが短縮されるので、
拠点防衛はより難しくなるだろう

近接攻撃のスピードボーナス

近接攻撃にはスピードボーナスというダメージの増加効果がある。この効果はお互いの接触速度できまる

兵ではスピードボーナスを利用するのが当たり前だが、逆に騎兵自身もスピードボーナスを乗った攻撃を食らいやすい自分が高速で動いているので、相手の攻撃にもスピードボーナスが乗ってしまう

白兵ユニットはスピードボーナスを利用するのが難しい。前進しながらの攻撃は、インパクトポイントがずれやすくはずれしまったり、近づきすぎて攻撃が失敗することが多々ある。

アスレチックで歩行スピードを上げていると、間合いの調整は容易で有利である。しかしスピードボーナスを利用しやすいというわけではない。相手の攻撃にもスピードボーナスが乗ってしまう