コンパニオンのおすすめ装備

コンパニオンはレベルが上昇し屈強になるが、所詮AI操作なので、戦果はたかが知れている。敵を倒すことよりも、生き残って攻撃を分散してくれたほうが、戦力に貢献できる。

そのためコンパニオンの武器は、片手サーベル+盾が無難でおすすめ。片手サーベルははっきり言って厨武器で、突きが無い分扱いが簡単な上、強い。単純な動きしかできないBOT操作にうってつけの武器だろう

苦手な武器

逆によくないのが、盾を装備できない両手武器と、長柄の武器

AI操作は距離によって戦い方をかえるということはできない。そのため槍や棒などの、間合いを重視する武器の扱いが苦手である。突き攻撃は間合いを保たないと威力がなくなってしまうため、AI操作だと失敗しやすい

またリーチが長すぎる武器の扱いも苦手で、長柄の武器は引っ掛かって攻撃が失敗しやすい。

逆に前述の片手斧やサーベル系は、AIでも扱いやすい。突きができないのがかえって扱いやすく、リーチもほどほどなので攻撃の失敗が少ない。

盾か両手武器か

コンパニオンはAI操作なので、片手武器+盾がもっとも無難である
AIは防御の精度が低いため、盾を装備していないと被弾しやすい
AI同士の白兵戦は、一度でも被弾してしまうと大幅に不利になる
のけぞってしまうため、防御が間に合わず2発目の被弾が確定しやすい

またAI操作は立ち止まって、棒立ちになることが多い。
この状態で射撃が命中してしまうと、あっさり気絶してしまう
盾装備なら常に盾防御をしてくれるので、こういった事故が防げる

それでも両手武器を装備させるには

両手武器を装備する場合は、防具をとにかく充実させよう
盾なしだと防御がおろそかになるが、防具がよければダメージをあまり受けない
両手武器は最初は弱いが、筋力と熟練度で戦闘力が増していく。

コンパニオンには射手がおすすめ

片手サーベルとたてを装備させたら、サブは弓か弩が良い
弓と弩は熟練度が上がりやすく、育ちやすい。
またコンパニオンの射手は、一般兵に強力な射手がいないという理由で価値が高い
狙撃兵クラスでも熟練度が140しかないので、コンパニオン射手のほうが強くなれる

一方歩兵にハスカール、騎兵にはスワ騎士がいるんで、それを超える兵士を育てるのは難しい

重弩弓+ボルト+遊牧民のサーベル+北方民の盾

廉価でスキル不要の装備例。
遊牧民のサーベルは林族・北方民の盾は海賊が落とす
片手サーベル+盾の組み合わせは簡単で、AI向け

重弩弓+大袋入りの鋼鉄のボルト+エリートシミター+北方民の盾

お金があまってるのなら、よりハイグレードな装備例

投擲武器

無印時代は装備している投擲武器を、一種類しか使ってくれなかったが
WBでは解消している

またAIは投擲武器の切り替えにも対応しており
接近されると近接武器として使用する

ただ投擲武器だけ装備させるのは問題がある
すべて投げ切ると、素手で戦い始めてしまう
なにかしら近接武器も持たせたほうがよいだろう

コンパニオンの乗馬

ほとんどのコンパニオンは乗馬2以上を持っている
行軍は乗馬させて、戦闘中に下馬させれば、行軍は早くなるだろう
この方法なら歩兵コンパニオンでも、乗馬スキルは無駄にならない

通常の騎兵ユニットは、賃金が1.5倍になるが
コンパニオンは乗馬しても賃金が上がらない

騎兵コンパニオンの装備

騎兵コンパニオンの武器は片手サーベル系がおすすめ
リーチがある、エリートシミターが最良だろう
馬上武器としても一流だし、下馬しても戦える武器

一方馬上槍系はあまりおすすめしない。
馬上槍はリーチがあり、ランスチャージでファーストキル取りやすいが
団子になるとぬけ出せずにやられてしまう。

馬上槍系を装備させる場合、
乗馬スキルを上げて、加速と旋回を強化すること
グレードの高い馬に乗せて、突進を止められないようにすること
かつ接近戦用の武器をもう一種類装備させること
落馬したときに槍だけだと、確実にやられてしまう

次に騎兵コンパニオンは、飛び道具の装備は微妙
弓や投擲は馬上弓のスキルがないと当たらず、無駄な行動になる
唯一、重弩弓と攻城クロスボウは装備してもよい
この二つはAIは馬上では使用せず、ほかの武器に切り替える

上と同じように、重弩弓+ボルト+遊牧民のサーベル+北方民の盾
の組み合わせがよいだろう
剣盾騎兵でありながら、攻城戦ではクロスボウで戦える

コンパニオンの戦闘力を追及する場合

コンパニオンの操作はAIであり、プレイヤーのように操作で補うことはできない
テクニックの加わる余地がないので、コンパニオンの白兵戦闘力は以下の三つで決まる
装備のグレード>筋力>武器熟練

戦闘力を追及するのであれば、すべて筋力に振ること
30を超えても振り続けたほうが強くなるだろう
理由は二つあって

装備がよくなるほど筋力の価値が増すということ
筋力にはHP+1とダメージを+1%の効果がある
防具がよくなるほど、HPの価値は上がるし
武器がよくなるほど、ダメージアップの価値が上がる

弓による射撃でも、即死以上のダメージをだせれば
盾の破壊と馬退治がはかどるので、オーバーキルにはならない

二つ目の理由は、機敏性があまり役に立っていないこと
機敏性には歩行スピードを上げる効果がある
コンパニオンは馬に乗せられるので、行軍にアスレチックは不要

戦場ではその歩行スピードが速くてもあまり生かせないようで、隊列を組むのがちょっと早くなる程度

コンパニオンの最強武器

コンパニオンの最強武器は、おそらくエリートシミター+盾か、精巧な両手サーベルだと思う
エリートシミター+盾はもっとも汎用的な組み合わせで、徒歩乗馬問わずポテンシャルを発揮する
ただ武器の威力的に殲滅力は頭打ちである

両手武器である両手サーベルは殲滅スピードに秀でた武器で
これも徒歩乗馬問わずポテンシャルを発揮できる
両手武器ははっきり言って晩成装備で、筋力と防具の質に比例して強力になる
しかしろくにコンパニオンが育ってないなら、片手武器+盾のほうがずっとマシである

両手サーベルの弱点は火力がある代わりに盾が装備できないことで
野戦では強力だが攻城戦ではすぐに死ぬ可能性がつねにある
攻城戦では射撃の的になるし、リーチのせいで敵味方に引っかかりやすい
射撃はPダメージなので、防具がよくてもあっさり死んだりする