おすすめコンパニオン

士気が低くなったり、コンパニオンの嫌うことを続けていると、不満がたまった突然コンパニオンは脱退を申し出てくる。しかしコンパニオンの主な離脱の動機は、嫌いなコンパニオンがいるかどうかである。

全てのコンパニオンには1名の親密なコンパニオンと、1名の嫌いなコンパニオンが設定されている。これにより、同時に引き連れられるコンパニオンは8~10人程度である。

面倒であればtweakMBで相性を消してしまうとよい。相性を消せばすべてのコンパニオンを同時につれられる。私は全てのコンパニオンを連れたほうが、育成を楽しめるので良いチートだと感じる。

おすすめコンパニオングループ

すべてのコンパニオンには一人の親密なコンパニオンと、嫌いなコンパニオンが設定されている。これにより不満が上下し、士気が上がったり、脱退しようとする。この好き嫌いの設定により、一度につれられるコンパニオンは、8名程度に制限される。どのコンパニオンを連れるかは、以下の二つのグループから選ぶとよい

LAW、善良グループ

初期レベルが低く、契約金が安いコンパニオン勢。フレンティスとカトリンがdislikeの関係だが、一人だけなので、出ていくほど関係は悪化しない

  1. ジェレムス(医療、取引)&フレンティス
  2. アライェン&ユミラ
  3. デジャヴィ(行軍)&クレティ(略奪)
  4. ブンドゥク&カトリン

CHAOS、悪人グループ

ロルフやボルチャといった人間の屑を加えたchaosグループ。LAWグループに比べて加入金が高いが欠点があるが、パーティースキル要員はそろっている。レザリット、アルティネール、ボルチャ、マルニドはパーティースキル要員として有能

  1. レザリット&アルティネール(技術者)
  2. ボルチャ(行軍)&マルニド(医療、取引)
  3. マテルド&ニザール
  4. バエシュトゥール&ロルフ

どちらか片方のグループメンバーをそろえる

たとえばLAWのグループの8人を部隊に誘えば、 好きなコンパニオンがいて、嫌いなコンパニオンがいないので、離脱しにくくなる。

士気を高めに保てば、同時に10人ぐらいのコンパニオンを維持可能。しかしもちろん士気を保たねばならないので、心配は増える。私はLAWの8人+レザリット、アルティネールを加えた10人編成でプレイしている。

相性の問題で隊に定住できないコンパニオンも、出張要因(統治権の主張)や大臣として利用できる。とりあえず一度仲間に入れておくとよい。離脱しても、以後は旅人が場所を教えてくれるようになる

おすすめコンパニオン

  1. ジェレムス=医療系をコンプしている
  2. ボルチャ=知力がもっとも高く、行軍系のスキルに向く
  3. アライェン=最も戦闘力が高い
  4. レザリット=戦闘力が高く、無駄なスキルがあまりない
  5. アルティネール=技術者
  6. クレティ=機敏性が高く、略奪向き。投擲は弱いので上げないほうが良い

上記のメンバーは相性の問題で、全員引き連れるのは難しい。おとなしく上のグループで雇う方法にしたほうが良い

コンパニオンの離脱

相性による不満の増加や、日数経過(一年程度)でコンパニオンは脱退を申し出てくる。隊から離脱したコンパニオンは本人の弁通り、実家に帰省しており大陸から姿を消している。およそゲーム時間一か月程度でまた大陸に戻ってくるので、旅人が居場所を教えてくれる

これらコンパニオンの離脱を防ぐには、tweakmbでチートを加えるしかない