トーナメント

すべての都市で一定の間隔で武術トーナメントが行われる。
武器はすべてトーナメントが開催されている、
王国ゆかりのものの使用を強制される。
たとえばノルドなら手斧だし、カーギットなら馬と馬上武器となる。

カーギットとサランは投擲武器が出現することが多く、
プレイヤーにとって不利である。
ノルドは歩兵の殴り合いで終始するので
トーナメントの進行が速すぎる

トーナメントは8回戦で、キル数が多ければ、敗者復活あり
一戦に付き自分に100デナルかけられる
トーナメントの優勝賞金は200デナル
自分に800デナル投入すると優勝したとき、3980デナルになる

戦闘中は味方に指揮が可能
自分に追尾させれば各個撃破されずらくなり有利である

練習

獲得経験地と熟練度が1割。
10ほど倒すと、わずかな経験地とデナルがもらえる
38人たおすと、全滅させたとしてわずかな報酬

地域による使用武器

スワディア→馬上槍
ノルド→斧盾
ロドック→クロスボウ
ベージャー→弓
カーギット→馬上弓、投擲
サラン→投擲

使用武器

片手武器+盾

もっとも一般的な装備であり戦闘力も高い。
どんなスキルのプレイヤーでも扱えるので、あたり武器である。

両手剣

片手武器ほどではないが、扱いやすいほうに入る。
馬上で使う場合は攻撃スピードにペナルティが加わるため、
下馬したほうが武器の性能は引き出せる。

弓術を上げてれば大丈夫だが、あげてないともっとも弱い武器になる。
サブウェポンにナイフを装備しており、これで敵を倒さねばならなくなるだろう。
このナイフは防御ができないため殴りあいは不利だが、
振りだけは早いのでやり相手とかなら一方てきに倒せる可能性はある。

弓装備でもっとも苦手なのは、片手武器と盾を装備した歩兵。
近づかれてなすすべなくやられる展開は多い。

馬上槍

トーナメントで渡される馬上槍はランスチャージに特化しており、
リーチはあるが振りが遅いため使いづらい。
乗馬スキルを上げていれば大丈夫だが、
ない場合は下馬して槍歩兵として戦ったほうがよい。

盾をしまって両手で馬上槍を持つと攻撃スピードが早くなるため、
なんとか敵にダメージを与えることは可能だ。

なげ槍

剛投スキルを上げているプレイヤーはいないと思うので、
トーナメント武器の中では一番地雷かな。

武器モードの切り替えで超短い超柄の武器として使えるので、
強打さえあれば何とか勝ち抜けるかもしれない。

近接武器として使う場合は、下馬して盾をしまい両手持ちすること。
威力もリーチもひどいが、何とかダメージを与えられるので、無理ゲーではないと思う。

クロスボウ

ロドック都市のみ登場。スキルがいらない武器なのでそこそこ戦える。

トーナメント専用キャラクター

各所のトーナメントを荒らしている固定キャラ。
王様クラスの性能を持つ猛者たちで、トーナメントでは毎回優勝する
武器の熟練度が圧倒的に高いため、ほかの闘士を一方的に殴り倒してしまう
意外にも全員投擲スキルがない

ゼリナ

LV39 HP 61 体力16,機敏性20
強打5,弓術4,盾防御4,アスレチック8,乗馬6
熟練度312

ドラントン

大陸最強の人物
LV42 HP69 体力20 機敏性21
強打7 弓術4 盾防御6 アスレチック5 乗馬6
熟練度324

クラドゥス

LV43 HP70 体力21 機敏性20
強打5,弓術4 盾防御5 アスレチック4 乗馬5
熟練270