モンスター

動物

射撃攻撃に弱く、レンジャーが使うハンティングショットの対象ユニット
王国は射撃攻撃が充実しているため対処しやすい相手だが
ベアーマンとウェアウルフの戦闘力は飛びぬけている

ラット

下水溝から定期的に出現する。
ゲーム中最弱のモンスターなので簡単に倒せる相手だが、
衛兵やペザントにとっては脅威。

ほおって置くと民家を破壊してしまうので、民家に取り付いてるようなら
100Gのアタックフラッグを一つだけ立てて駆除させること

微弱な毒攻撃をしてくる

ねずみ男

日数がたつと領地に下水道入り口がスポーンし
そこから出現する

徴税官を追い回すねずみ男は絵になるが
ラットともども下等生物にすぎない存在

ただレベル1メイジはコレにやられるほど弱い

足が速いが、弱い。初期ヒーローの養分

オールドウルフ

日数が経過すると狼の巣穴から出現するようになる
歯ごたえのある敵だが、上位モンスターの中では弱いほうで、
レンジャーで対処できる相手
積極的に王国に突進してくるのが特徴

火力・装甲とも高いが、足が遅いのでたいした脅威にならない
これも初期ヒーローの養分になる

ブラックベアー

熊と同じく棲家を常に守っているため、王国を侵略してくることは稀
スピードが遅く、レンジャーやエルフの集中攻撃であっけなく倒せるが
接近戦はすごく強い

ベアーマン

熊を超越したスーパーミュータント。

桁違いの耐久力を持ち 超威力の岩石投げを繰り出す
ドワーフタワーをやすやす破壊できる怪物である

唯一攻撃のモーションが長いという弱点があり
スタンスキルで攻撃を中断させやすい

討伐はエルフ頼りになるだろう

「うるせえ鮭ぶつけんぞ!」

ウェアウルフ

ベアーマンと同等程度の戦闘力を持つ
ベアーマンほどタフではないが、スピードと噛み付きの火力が脅威になる

アンデット

全体的に高い射撃耐性を誇り、魔法攻撃に弱い
クレリックの「ホーリーアタック」スキルの対象ユニット

交易所・見張り塔の攻撃があまり効かない上
弱点の魔法をそろえるのが難しいため
敵種族の中ではもっとも手ごわい相手になる

スケルトン

ベテランスケルトン

高性能スケルトンだけあって、スピードも火力も申し分ない
魔法攻撃以外あまり効かないため、
熊・狼より脅威になる上位モンスターである

高い射撃耐性ゆえ、見張り塔・交易所をやすやす破壊し
出来立てのエルフ・メイジをよく討ち取る強敵

スケルトンアーチャー

スケルトンスナイパー

ゾンビ

毒ゾンビ

ゴースト

リッチ

ヴァンパイア

アンデット系の上位敵ユニットで、魔法に耐性がある代わりに、近接攻撃に弱くなっている
強力なドレイン攻撃を繰り出し来る強敵なので
ヒーローを集める必要があるだろう
ただし対建築物を苦手としており、ドワーフタワーで簡単に倒せる

近接攻撃の使い手で、魔法攻撃に耐性があるドワーフが討伐に向いている

マジカルクリチャー

魔法攻撃をしてくるのが特徴。魔法耐性が高めだが、近接攻撃に弱い傾向がある
ローグ・ドワーフが相性がよい

インプ

狼やゾンビに相当する雑魚モン
初期レベルのヒーローでも勝てる設計だが
時間がたつとやはり相応の強力インプが出現する

サーペント

火炎舌の異名を持つ空飛ぶ化け物
モンスターの中では平均的な部類の強さだが
初日から出てくるのであまりにも危険すぎる

サーペントの巣を破壊すると
大量のサーペントが出現し
ヒーローを道連れにしてしまう

ドラゴン

ど派手なボスといえばドラゴン!
ただあまりたくさんスポーンできず
えげつない攻撃が無いので
ベアーマンやウェアウルフに比べて処理しやすい

鍛冶屋を焼くのが好きなので
懸賞金で総攻撃しよう

ファイアエレメンタル

エレメンタルには2種類あって、
エレメンタルの封印から沸くのと
聖域周辺に配置されているものがある

聖域周辺のエレメンタルは復活しないが
3人程度のパーティーを組んで通せんぼしてくる

ライトニングエレメンタル

スタン効果のある物理攻撃に特化している

ジャイアントエレメンタル

エレメンタルロード

そのほか

射撃耐性が高いが、近接攻撃に弱い
近接攻撃+近接耐性をもつウォリアーが相性がよい

オーガ

結構強力なモンスターだが、巨人ゆえ小さなヒーローには目がいかないらしく
無謀にも城に突進してくるおかげで倒せる。

民家と見張り塔を破壊するのが大好き

ミノタウルス

ブラックミノタウルス

ヒューマノイド

以下の敵モンスターはDLCモンスターキングダムで使用可能になるユニット群である
人間陣営の代替的存在なので、共通の特徴は無い

ゴブリンスピアーマン

ゴブリンアーチャー

ゴブリンシャーマン

ミノタウルスウォリアー

ラットマンパラディン