Pretenders to the Throne

王国はライバルの勢力に囲まれており、
同じヒーローユニットによる猛攻をしのがなければならない

難易度エキスパートの防衛マップだけあって
途切れることなく、激しい攻撃にさらされることになる

ライバルはいやらしく耐久力の低い建物を狙い
レベルを上げてくるので、常に目を話すことはできない

敵ヒーローの攻撃は熾烈だが、うまく倒すことができれば、
襲撃は弱体化していく。

敵ヒーローについて

このマップでは初めて敵ヒーローが登場する
コイツラは、今までの動物たちとは異なり
非常に厄介なAIが設定されている

まず敵AIは側面や背面から回りこみ、
民家など脆い建物を狙いレベルを上げてくる
アタックフラグで速やかに倒したいところだが
これが難しい。

建物を壊し終えると一度フリーの状態になり、退却することが多い。
これに追撃すると、袋叩きにされてヒーローがやられてしまうだろう
敵ヒーローが退却を始めたら、速やかにフラグを撤収する事
懸賞金は持ったいないが、死ぬよりはましである

相手ヒーローが目標を設定して、走り出すのを確認したら
アタックフラグを立てること。
目標を破壊するまで逃げないことが多い。

逃げられてしまうと、徐々に敵が強化されてしまう。
なるべく確実に仕留めたいところだが、パラディンはどうしようもない
エルフが育つまで、仕留めることはできないだろう。

交易所の確保

交易所は一番近い南の交易所だけ確保する
北西側と東側の遠い場所に一つづつあるが、
確保するのは難しいのでしばらくあきらめる

東側は狼と熊がいるだけなので、急げば確保できる。
ただしすぐにオールドウルフが出てきて、
無防備なキャラバンが餌食になってしまう。
交易所を確保したいなら、画面端まで住処をつぶす必要がある。
できなくはないが、エルフが育つまで待った方が無難

北西側はアンデットの拠点が点在しており、
マップの端までアンデットをクリアリングしないと、
交易所はすぐに破壊される
確保は一番難しい交易所なので、最後まで放置

エルフが育ったら、東側の狼の巣をすべて破壊して
二つ目の交易所を確保できる
50日ぐらい経過していないと、育てられないと思うが・・・

防衛戦力の選択

防衛の戦力追加は、エルフかドワーフの二択となる

ドワーフの場合、ドワーフタワーが目当てである
北側のエルフ・ローグにはドワーフタワーが有効で、
安定して襲撃を防げる
しかしパラディンに対してはあまり効果がなく、
暴れられてしまう。

一方エルフは対パラディンも含めて、相手のヒーローを倒しやすい。
とくにパラディンを処理しやく、行動範囲の広さで交易所も確保できる
育ってくれればベストな選択であるが、死にやすいためリスクは大きい

北ローグ・エルフ

北から侵略してくるローグ・エルフは、
対人用のスタンスキルが強力すぎて
ヒーローで迎え撃つのは難しい

常に範囲攻撃のアーティファクトを温存しておいて、
すばやく一掃したほうがよい

自力で対処するなら、ドワーフタワーを二機立てるのが簡単である
高い装甲と、近接攻撃力があるので、屑どもに良く効く

ドワーフタワーを建設したら、100Gのディフェンスフラッグを
タワーに立てておくこと。
ドワーフタワーの餌食になった敵から
金銭を回収できる

ヒーローの遊撃に頼る場合はよく監視しつつ、アタックフラグを使う
走っているローグ・エルフに100Gのアタックフラグを立てる
こっちの陣地に突っ込んでくるので、撃破しやすい

逆に歩いている相手の場合は立ててはいけない
逃げられたり、相手の陣地に誘い込まれる可能性が高い

パラディン・クレリック

南西方向からパラディン・クレリックが出没する
主に民家や交易所を狙って接近してくる

これを放置していると、パラディンのレベルが上がって
より脅威になってしまう

民家を攻撃しに近づいてきたところで、
パラディンに懸賞金100Gをかけよう
城から近いため、100Gで2・3人集めて撃退できる

ただしパラディンが逃げ始めたら、アタックフラグをはずすこと

パラディンは非常に耐久力が高く、
しかも体力が減ると、わざと逃げ始める
これにつられて追撃すると
袋叩きにされてしまう

非常にうっとおしい存在だが、
エルフが育っていれば、安定して仕留められる
パラディンは近接耐性だけが高いので、
弓はそれなりにきく

神殿

神殿立てるまで粘るマップなので、どうでもいいかもしれないが
神殿はアグリラ→グロームがオススメ

グロームは高い射撃耐性と範囲攻撃もち
王国を破壊することに関して右に出るものはいない