自衛は農民に必須のスキルで、ロードと兵士を守るための手段。開国後の王国なら10億が常に処刑用のロードを探しているので、自衛してなければならない。

敵の狙いは処刑用のロードと兵士の撃破数稼ぎ。資源にはあまり興味がないため、ロードと兵士を隔離できれば攻撃の優先順位は下がる

このページではアテナバリアー以外の自衛方法を解説する。

ロード監禁

バリアがない新規プレイヤー向けの自衛手段。ロード一人と兵士一人をシェルターに12時間入れてしまう(兵士が一人いないとシェルターに入れられない)。

主に日中、採取しているときの自衛手段で、ロードを誤って採取に出して捕獲されるのを防げる。ほかの兵士はほとんど採取に出しているので、留守中に攻撃されて兵士が全滅したり、ロードが捕獲されるリスクは少ない

ロードと一緒に監禁するならt1騎兵のランサー一匹がおすすめ。巣窟攻略でマターが欲しいとき、一匹出して最速で便乗できる。

常にロードがシェルターに隔離されているので、戦争する場合シェルターから出す手間が必要になる。しかし戦争しない平時なら全くデメリットにならない。ロードがシェルターに避難している場合でも、戦争ブースト以外は効果を発揮するから

常にロードを監禁する場合、ヒーローバトルにも出さないヒーローが好ましい。シェルターに避難している場合、出兵扱いになり冒険モードや魔獣討伐に出すことがでず、わざわざ取り出さなければならない。

おおよそ詐欺師とか嵐の賢者のような軍隊ブーストが弱いヒーローがロードになっている場合、そのプレイヤーは常にロードを隔離して自衛しているとみてよい。

全軍避難

この方法の場合兵士とロードは保護することができるが、資源・防壁・罠の三つは守ることができない。

とはいえ資源はどうせ金以外は保管庫で守ることができるし、防壁と罠を復旧するのに大したコストはかからない。

よほど金や兵士がたまっていない限り大した損害にならない。とりあえず無難な夜の過ごし方といえる

全軍避難の欠点は兵士がシェルターの収容数を超えると守ることができなくなる。入りきらない兵士が病院の収容しきれるならマシだが、それすら超えると、対応を迫られる

闇の巣窟遠征逃し

ワンダー要塞に派兵しているときによく使う自衛手段

できるだけレベルの高い闇の巣窟に、闇の巣窟へ8時間の連合攻撃をかけて、遠征状態にしてしまう。軍団の統率の限界兵士数まで兵士を逃すことができる。

欠点は対象の闇の巣窟が消えてしまった場合、遠征が解消されてしまう。闇の巣窟はほかのギルドに攻略されるか、14:00になると一新され消滅する。またギルドメンバーが事情を知らずに参加してしまうことがあり、やや面倒な方法なのは間違いない。

ギルメンの知識が向上すれば、レベル5の巣窟への連合は、兵隊のがしと気づくので入ってこなくなる。うまく活用できることになる

味方援軍逃し

味方が一日以上のアテナバリアーを張った時、増援か駐屯として居座る方法。シェルターの場合12時間までしか避難できないが、味方のバリアを利用すれば、一日以上兵士を逃がすことができる

この方法は簡単だが複雑な仕様となっている。まず味方のアテナバリアーが消えた場合、自動で兵が返ってしまうので、バリアが切れる時間を確認しておく必要がある。また自分のアテナバリアーは消滅し、援軍が帰還するまで新たなバリアを張ることができない。

自衛のみならず味方の城に増援として兵士を送るのは、強力な防衛手段である。この状態で偵察妨害を使えば、敵は増援を見破る方法がなくなり、罠城として使うことができる