ロードの画面から、陣形を変更できる

各陣形は先頭にいる兵種の、tierの低い順に集中攻撃される。ただし攻城戦の攻撃側は特別で、後衛の兵種も攻撃される

陣形の効果は先頭の兵種だけが狙われる効果がある。そのほかの効果はない。また初期配置が異なるので、攻撃に行けるタイミングが微妙に変わるくらい

一種の場合、主力の兵科が攻撃し、受けるだけなので、陣形を変えてほとんど効果はない。せいぜいクッションを使うか、弓の射程を生かしたい場合のみ

闇の巣窟では歩兵と騎兵は城壁に近い陣形の方が、より早く城壁を削れる。一方弓メインの場合、基本歩兵方陣を選択する。歩兵と騎兵をクッションにでき、遠距離から攻撃できる

三種同士の戦いの場合、陣形は最も複雑な効果になる。

例えばこちらが歩兵陣形で相手が騎兵陣形なら、不利に思える。しかしこちらの弓兵が攻撃して、相手の騎兵の数を減らし、歩兵の損害も減っていく。結局お互いにイーブンになる

特攻陣の効果

特攻陣は通常の陣形とわずかに配置が異なっている

隊列と並び順
陣形
歩兵 兵器
弓兵 兵器
騎兵 兵器
歩兵特攻 兵器
弓兵特攻 兵器
騎兵特攻 兵器

実は通常の陣形と特攻陣の戦果の差はわずかで、ほとんど変わりがない。おそらく兵団の配置が異なっていることによって、攻撃するタイミングが僅かに異なるだけだと思われる

演習では弱点の陣形をぶつけられた時、わずかに戦果が改善する効果がある

演習の結果と実践

しかし演習では陣形の有利不利が出る。これは演習の結果が実戦と全く違う可能性がある

根拠は掲示板で提示していただいた以下の画像

三種同士で、歩兵方陣で敵は騎兵方陣。一方的に負けるかと思いきや、何と勝利している

三種同士の場合、前衛が全滅すると敗北となる。この対決の場合、こちらは歩兵、相手は騎兵が全滅した時点で敗北となる。

相手が騎兵方陣なので、騎兵が集中攻撃される。そのため、こちらの歩兵が苦手な騎兵が消耗し、こちらの歩兵の損害が減っていく。

一方相手側は騎兵の弱点の弓兵を攻撃できないため、騎兵は大きなダメージを受け続ける。そのまま騎兵が全滅して敗北となる

この戦いで、お互いのブーストが互角なのか証明することはできない。よって完全に上記の説を立証はできない

ただ敵側の弓兵が全く損傷してないところから、弓兵は後ろから攻撃できるので、攻撃の対象になりづらいらしい。騎兵方陣で弓兵は中列にいるので、本来は二番目に攻撃されるはずなのだが

よって弓兵は苦手な歩兵に攻撃される可能性が少ないので、兵士同士の相性ヒエラルキーの上位にいる。

付け加えて、弓兵の攻撃ブーストは非常に効果的だが、一方防御ブーストはあまり役に立たない可能性がある