tier1~2は明らかにほかのヒーローより強くて、半端な課金ヒーローに匹敵する性能がある。おすすめパーティー課金ヒーローランク

Tier1 薔薇の騎士

無課金最強は、最強tier。設定ミスとしか思えない全体バリアと、強力な回復スキル、さらに異常に強力な必殺技を持つ。

本人は魔法防御力が高く、アンチメイジ系のタンクとなる。

スキルは文句なし最強クラスだが、物理防御力が低いのが弱点。弱点は漆黒のカラスの物理防御低下スキル。物理火力を集中されると、のけぞりでヒーリングを使えずに死亡する。スキルはすべて魔法で、サイレンスも弱点となる

薔薇の騎士が物理に脆いのは知られており、死の騎士やベルセルクを壁にするのが一般的

Tier2 森の妖精

回復の必殺技が無課金最強。全員を超回復できるうえ、詠唱も全くない。殴られるほど回復できるという、今までの常識を覆すヒーラーになっている。

森の妖精はとにかく殴られて、SPゲージをためる必要がある。しかし射程が長く後列に配置されるため、攻撃を食らいにくいのが欠点

SPゲージがたまるまで回復できないので、タンクが先にやられるとお手上げ。

弱点は薔薇の騎士で、魔法防御が高いのであまり攻撃が効かない。また魔法サポートなので、味方の物理と相性が悪い

森の妖精のレジェンドより、タリアのコモンの方がコロシアムでは強い。タリアはスキル1でスタン、スキル2で回復できるので、超強いです

Tier2 デーモンスレイヤー

ゲーム中数少ない真のアサシン。スペックは高くないが、スキルの射程が卑怯なほど長く、一方的に火力をたたきつけられる。

強力なアンチメイジで、コイツのおかげで無課金のメイジ勢は軒並み評価が下がる。

物理防御が低いという弱点があるが、うまくタゲを取られないように、防御の低い敵だけ狙うので、あまり弱点はない

弱点はメイジが森の妖精しかいない場合、森の妖精を狙い永遠と回復される。森の妖精とのタイマンは僅差で、森の回避とデモスレのクリティカルで、毎回勝敗が変わる。

Tier2 トラッカー

遠距離の中でも最も長い射程と、魔法タイプの範囲攻撃とスタンを併せ持つ。コロシアムのヒエラルキーでも上位に君臨し、無課金ではいないとほとんど勝てない

基本的に射程が長いので、HP吸収がないくらいしか弱点がない。

弱点はアストレとタリア。スキル1で攻撃すると、逆にSPゲージがたまって必殺技で報復される。また耐久力が高すぎる死の騎士や魂の創造者を苦手とする

開幕スキル2のスタンで、いきなり有利をとれる。こっちもトラッカーを入れてスタンさせるしか対応策はない

Tier2 死の騎士

高い戦闘力と最高のHPを誇る不死身のファイター。森の巨人の劣化だが、コロシアムの強豪

物理攻撃に対して耐久力を発揮するため、トラッカーのアンチとなる。またラインを上げる能力が強力で、必殺技で壁際に追い詰められる

弱点は魔法防御力の低さで、烈火の術師や雪の女王を苦手とする。また物理防御も低めで、物理防御低下で大きなダメージを受ける。詐欺師や深紅の稲妻の武装解除も、多少は効く。

晩成ヒーローで、育つまでは光の信仰者の劣化。しかしカンストすると薔薇の騎士に次いで強力になる。無課金コロシアムの強豪で、レジェンドまで育つと耐久力がありすぎて脅威になる。

スキル2の復活は、単純にHPが1.6倍になると考えられ、装備と勲章ランクに比例して耐久力が上がっていく

死の騎士の復活中は、敵のタゲが別のヒーローになる。タンクが狙われるならいいが、他のヒーローだと大損害になる

Tier3 深紅の稲妻

パッシブが無課金最強の火力ヒーロー。火力とHP吸収があり、死ななけれ最も強力なファイター。

だが弱点が非常に多く、範囲攻撃に巻き込まれると簡単にやられてしまう。

特に烈火の術師が苦手で、範囲攻撃で削り殺される

無課金では詐欺師と並び有力なヒーローだが、コロシアムでは前記のヒーローより採用率は低い

Tier3 亡命の砲術士

ドラゴンアリーナの報酬ヒーローなので、一応無課金の区分に入る。

アンコモンぐらいで、天象があれば戦力になる。基本的にトラッカーの劣化の評価だが、物理一辺倒のチームの場合有力なヒーローになる

遠距離のくせに火力と射程が短いのが欠点で、前衛が先に殺されることが良くある。レアぐらいまで上げないとトラッカーのほうが強い

天象でSP増加があるときは異常に強くて、必殺技で敵全員を打ち上げて、2秒スタンぐらいのアドバンテージがある

Tier3 漆黒のカラス

スキル2の物理防御低下で、薔薇の騎士を殺す要員。スキル2が開幕命中するかで勝敗を分ける。

実はトラッカーが苦手で、開幕必ずスタンでスキル2がつぶされてしまう。だが敵味方の配置によって、スキル2をちゃんと撃てる場合もある

ともかく敵味方ともスキル2が命中するかで勝敗が分かれるため、戦闘結果を見て判断するしかない。

物理防御が低い薔薇の騎士や死の騎士に有効だが、物理防御を上げれる魂の創造者や雪の女王を苦手とする。

Tier3 詐欺師

スキルのモーションが長く、デバフがいまいちなので劣化トラッカーの扱いになる

本人の機敏性は最も高く、ポテンシャル自体は高い。必殺技にクリティカルが乗れば一発逆転もありうる。HP吸収もあるので、HPが全快まで回復できる

スキルに物理スキル禁止のデバフがあり、相手の先頭が死の騎士なら僅かに効果がある

漆黒のカラスと並び物理防御が低いので、メイジの次にデモスレに狙われやすい。タイマンした場合、攻撃の感覚が短いデーモンスレイヤーのほうが有利。遠距離なので攻撃の感覚が長く、デモスレが一方的に攻撃できる

Tier3 光の信仰者

このピンクウサギはメイジ向けのタンクで、天象が多いというメリットがある。

基本的に薔薇の騎士の劣化で、弱点も同じ。本人の戦闘力が低いため、味方への依存が大きい

死の騎士と同じで薔薇の騎士の壁役だが、ウサギは魔法防御低下のデバフを持ち、メイジと相性が良い。ウサギのポテンシャルは、味方の雪の女王や森の妖精が活躍できるかにかかっている。

物理ばかりのパーティーにウサギが入っていると、パーティーのポテンシャルが下がる。敵として狙うにはお勧め

メイジ系に分類されるため、最初は強いが、いずれ死の騎士なんかに戦闘力で負け始める。サイレンスも弱点とする

Tier3 烈火の術師

範囲攻撃を得意とする強力なメイジ。メイジの中では接近戦が得意で、前列のほうに配置される。死ななければHP吸収でどんどんHPが回復していく

接近してくる、死の騎士や深紅の稲妻のアンチヒーロー。天象も多く、メイジの中ではコロシアムの上位に君臨する。

射程が長いデモスレとトラッカーを苦手とする。

メイジ系は射程と物理防御が低いという致命的な弱点がある。ライフ満タンでも必殺技に巻き込まれて即死することが度々ある

Tier3 雪の女王

パーティー支援型のメイジで、味方のSP増加と一人の物理防御上昇スキルを持つ。漆黒のカラスのアンチで、タンクの物理防御を上げることによって、生存時間が伸びる

有利不利も烈火の術師と同じ。接近してくる死の騎士や深紅の稲妻に有利で、射程が長いデモスレとトラッカーを苦手としている

SP増加パッシブが有用で、生き延びてくれれば強いので特別な存在。ただし烈火の術師と同じく、即死することが多い

Tier3 影の刺客

まだ私は育ち切ってないので推測の評価になるが、上位プレイヤーが採用している場合がある

デーモンスレイヤーの劣化と認識されているが、役割が異なる。回避率とサイレンスを持っており、メイジ系には強い(メイジは命中率をあまり持ってない

開幕薔薇の騎士を殺すことに関しては、かなり強力なヒーローだと思われる。天象もポジションも深紅の稲妻と同じだが、烈火の術師が苦手ではないという特徴がある