KOTY(クソゲーオブザイヤー)は2004年から、2chの有志手動で始まった企画で、その年の最もつまらないゲームを決めるというもの

2005年にゼノサーガ、2006年にローグギャラクシーのクソゲーレビューが脚光を浴びる。その後2007年に48の酷さが各所で話題になり、KOTYの全盛期を迎える

全盛期時代のKOTYの勢いはすさまじく、あらゆるゲーム系のスレッドで、年末は必ずKOTYの名前が上がっていた

KOTYはこの時点でいわゆる大衆化した。しかしネットの普及により、あらゆるゲームの情報が集まるようになると、マイナーなゲームばかり扱うようになった。

クソゲーを探す場合、製作費がすくないマイナー、DLゲームの独壇場になる。KOTYがそういった低品質ゲーム発掘隊になっていった

それからKOTYはどんどんキモくなっていった。 2010年ぐらいから、「KOTYは誰も知らないようなクソゲーを知っていて、本当にすごいやつら」と言われていた。

でKOTYの住人はどんどん増長し、大作ゲームを撥ねつけるようになった。あの手この手であしらって、レビューをすべて破棄。というか、そういういじめみたいな酷い扱いを楽しんでいた

その光景に気分を害して、昔からいたKOTY住人は次々と卒業していく。逆にそういう性格の悪いオタクが集まるようなった

私もKOTYのスレは見たのだが、選評とか門番とか意味わからんルールがあって、古参らしき住人がしょっちゅうなれ合っている。しかも出来上がったゲームレビューも寒くて痛い

そういう撮り鉄みたいなやつが集まって、KOTYはどんどんマイナーになっていく

シェルノサージュ除外

KOTYでよく話題になるのが、2012年に発売されたPSPのシェルノサージュ。このゲーム開発がPSPのゲームの開発に不慣れだったためか、バグだらけのクソゲーになってしまった。

このタイトルいわゆるソニーの携帯ゲーム機のフラグタイトルで、実際に買って失望させられたユーザーも大勢いた。しかしGKと呼ばれるステマ業者が、「シェルノサージュは除外」と荒らし続け、ノミネートを阻止した

いわゆる大作と呼ばれるタイトルは、ステマを行う業者が悪評を阻止するので、KOTYにはノミネートされないことが明らかになる。

2006年まではローグギャラクシーのような、知名度の高いタイトルが選ばれていたが、これ以降はKOTYに選ばれることはなくなった

むかつくスレ住人

KOTYは結構歴史は長いが、そのユーザーが非常に陰湿なのは知られていない。

ここでは"選評"というクソゲーレビューを投稿して、それをもとにクソゲーかどうか名無しが話し合って決めるというものになっている。つまりクソゲーを選ぶ基準も、審査員も全く明らかでない

それを逆手にとってユーザーが投票したレビューを、嘘ばかりとかそんなのクソゲーじゃないと罵り、レビューを破棄してきた。

代表的なのは、2013年に発売されたJOJOASB(ジョジョオールスターバトル)がある。このゲーム、ファミ通で40点満点を記録した、渾身の話題作

しかしフルプライスの家ゲーなのに、スタミナ課金を導入したクソゲーで炎上。大量に投げ売りされ、発売10日で定価8000円の新品価格が半分まで暴落してしまう。

当時KOTYにも正確なレビューが集まったのだが、「ビビッドレッド・オペレーションに比べれば神ゲー」という理由ですべて破棄。KOTYのWIKIにも、JOJOASBに関する一切の情報が残ってない。

KOTYは業者に配慮して、大作を選ばないようにしている。しかしKOTYの住人が陰湿なので、それを明らかにしない。苦労して作ったユーザーレビューを投稿させて、撥ねつけるのを楽しんでいる

信じられないかもしれないが、いつの間にかKOTYのスレッドは2ch、5chの中でも、最も陰湿な人間が集まる場所と化していた。

DLインディゲーの台等

ダウンロードのみのゲームは、インディーズなど低予算のゲームが多い。予算が少ないのでクオリティも低く、当然クソゲーになりやすい。そのため 2016年のクソゲーオブザイヤーは、ついにDLゲームに席巻された。

これらは確かにクソゲーかもしれないが、往年のクソゲーとは異なり、ただ低予算のゲームという感じが否めない。

一方大作系は制作費が多い分、コンテンツの量が多く、どこかしらに評価できる部分がある。なのでレビューを書いても、グラが良いとかボイスが豊富とかの理由で、打ち消されてしまう(クソゲーではないと否定される)。それにいずれアップデートで改善される可能性もあり、正直レビューなんかできない

KOTYから大作が排され、誰も知らないDLゲーばかりになるのはむしろ当然だろう

なおDLゲーと言えばSTEAMが有名だが、低価格はクソゲーの宝庫として知られている。実績が解除されるだけのゲーム。アセットを丸々コピーしただけのゲームなど、クソゲー以下のゲームを手軽に堪能できる

私のおすすめはShadow: Treachery cannot be toleratedこのゲーム200円でも高すぎるものすごいクソゲーで、現在配信停止中。

DLインディーゲーには、こんな底なしのクオリティのゲームがうじゃうじゃある。何でもありだと、KOTYはこんなゲームばかりになってしまう

KOTYは寒い

あえて批判するが、KOTYはクソ寒い。選評とかゲー無とか内輪向けのノリと用語を多用し、はたから見てると全然面白くない。

KOTYWIKIの選評とやらをみればわかるが、冗長な前置きからすでに滑っていて、読むのはかなりきつい。KOTYの本スレも、大体あんな感じのノリ

一方ニコニコとYoutubeで上げられているKOTYの動画は、編集が良くて面白い。WIKIとか本スレをみても気分を害するだけなので、資料用と割り切り、上げられている動画を楽しむのが一番良かろう

余談だがクソゲーという単語はみうらじゅん氏、クソゲーレビューは超クソゲーという書籍が発祥だといわれている。この書籍の筆者の一人阿部 広樹(ABC)氏は1990年代後半、インターネット黎明期では伝説的な著名人だった(しかし本人が失踪とか夜逃げしたとかいう噂

この辺の出来事はちゆ12才とか侍魂の直前の出来事で、テキスト系サイトブーム時代とよばれる。しかし∀ガンダムの黒歴史みたいに屠られてしまった。それに習い、KOTYもいずれ彼らと一緒に屠られるであろう