能力値の上昇

画像の岬は、コントロールとグラウンドの値が1上昇している。ゲーム中パスやタックルなどの行動をたくさん行うと、基本ステータスが1だけ上昇する。詳しくはさんぱうろ氏のサイトで解説しています

簡潔にいうと、それぞれの行動で+1づつ経験値がたまり、129に達するとステータスがあがる。
条件は厳しく、普通のプレイではGKの判断力の上昇ぐらいしか見れない

攻略で有効なのは、翼のコントロールとグラウンドの上昇。これはパスをくりかえしていれば蓄積して、カルチョフェスタの本選あたりで+1できる。さらにこの上昇は、以後経験値を引き継ぐ岬や松山にも継承される。しかしまた129回行動すると、ステータスの上昇が戻ってしまう。そのためあまり熱心に上げる必要はない

防御時にカットを使えば、ATC+CNT+GNDすべて経験値が+1される(成功失敗無関係)。しかしカットを使うには、ガッツが60消費し、相手がボールをキープしている必要があり、リスクが高い。

ATCを上げたいなら、相手のガッツが切れた選手にパスすればよい。ガッツが切れているので、カットで必ずボールを奪い取れる。ガッツ切れが狙えるのは、パルマ戦のシニョーリと、アメリカ戦のミハエルなど。マークを付け、競り合いでしつこくガッツを奪い取る。そののち翼や岬をマークにつけて、カットとパスを繰り返せばよい。ただし時間がかかるし、得点されるリスクはある。