レベルシステム

今作ではシリーズ唯一変動制レベルシステムを採用している。これは味方チームの平均レベルに応じて、敵のレベルも上がるというものである。そのためレベル上げをすると、逆に敵エースのレベルが上がってしまって、不利になるという現象がおこる。

変動制レベルシステム

対戦チームの選手のレベルは、プレイヤーチームのレベルによって決定される

シリーズではおなじみだが、主人公の翼が活躍するため、突出してレベルが上がりやすい。しかしこれが逆に難易度を上げてしまう。一人だけレベルが高いと、敵チームに3・4人はいるエースのレベルも同じだけ高くなってしまう。

自分のエースのレベルを上げないためには、パスしないこと。ドリブル技でGKを抜こうとしないこと(大量に経験値が入る)。試合終了時に、ベンチに下げること(試合勝利経験値がもらえなくなる)。

レベルが上がると、浮き球バグの分不利

今作ではレベルが上がるほど、試合は不利になる。その理由だが、相手選手だけ、レベルアップによって、浮き球バグで浮き球値が上昇するためである。これにより浮き球の取り合いのみならず、競り合いでも必ず負けるようになってしまう。一応味方側はガッツが増えていくが、浮き球値の上昇のほうが、強力である。

レベルを上げないためには、負けられる試合にはわざと負けて、勝利経験値を受け取らないようにする。作戦のキャプテンを使うとよい。次に、一度勝利した試合はダイジェストで飛ばしてしまうこと。

ベンチ選手を起用し、敵のレベルを抑制する

敵選手のレベルは、こちらのスタメン(ミューティング画面で、スタメンに固定されている選手)を参照している。一方味方のベンチに登録されている選手はレベルが上がっても、敵のレベルアップに貢献しない。なのでベンチ選手を活用して、相手チームのレベルを抑制できる

全日本では三杉やオリキャラ。サンパウロではファルコンやテスタなどである。これらの選手のレベルを上げ、逆にスタメン選手のレベルを低いままにできれば、レベル差で有利に立てる。

レベルを上げる場合は、パス回しが効率的。パスは相手と勝負しなくても経験値がもらえるので、鳥かごで安全に、しかも多くの経験値がもらえる。とられそうになったら、ワンツーを使えば、助かりやすい。一方DFは成功しないと経験値がもらえないので、レベルアップが困難である。味方のDFのレベルが上がらないのはこれが原因である。

経験地システム

今作ではタックルやパスなど、行動によって経験地がもらえる