プロローグ

ゲームの舞台は19世紀のヨーロッパ。考古学者の主人公ダニエルは、アルジェリアの地下遺跡でオーブといわれる遺物を発見。オーブの不思議な特性に興味を抱くも、同時に何か嫌な予感が抑えきれない

イギリスに帰国後、学者として再度研究に没頭する日々をはじめるダニエル。しかし自分にかかわった人間が後日、次々と謎の変死を遂げるという怪事件が起こる

オーブはそれを手にしたものに、コレがふさわしいか試練を与える、という一種のトラップになっていたのだ。ダニエルはオーブを手にした瞬間から、その守護者である、「影」と呼ばれる未知の災厄に追跡され続けていた

影の追跡からはなすすべはなく、同僚や恩師たちが、次々と影によって八つ裂きにされていく。藁をもすがる思いで自らの苦境を手紙に書いて、有識者たちに送った。そんな彼の元に一通の不可思議な手紙が帰ってきた。

その手紙の主は、アレクサンダーと名乗るドイツの貴族。プロイセンのプレネンベルク城の城主で、そこにくればオーブの災厄から身を守る方法があるという。手紙にはそれ以上のことはかかれていない。

この手紙の主アレクサンダーは、なぜオーブや影について知っているのか?どうやって影の追跡から逃れるのか?不可解なことだらけだった。
しかし迫りくる影の驚異の前に選択肢はなく、かすかな望みをかけて、プレネンベルク城に向かう

プレネンベルク城

城主であり手紙の送り主アレクサンダーは、礼儀正しいがどこか常人離れしているオーブの研究者で、ダニエルの境遇に興味を持っていると明かし親切にしてくれた。

ゆっくりしていってね!プレネンベルク上は16世紀に再建されたもので、荘厳だが内装は古めかしい。しかし中には多種多様な研究機材と装置を備え、人知には計り知れない魔術の聖域がある

ダニエルは影と呼ばれるオーブの守護者に追跡されており、守護儀式が必要だとアレクサンダーは告げる。しかし影の存在はアレクサンダーにとっても危険で、ダニエルを追ってくる影は、城を倒壊させてしまうかもしれない

守護儀式

プレネンベルク城の地下は牢屋になっており、世間で大罪を犯した犯罪者が集められていた。守護儀式は彼らを拷問に掛け、処刑することに成就されるというのだ

ダニエルの身代わりに、死刑囚に苦痛と死を与えることによって、追跡する影を欺くことができるというのがその理由らしい。ただしこの儀式はダニエル自身がやらなければ効果がない。

ダニエルは身を守るため、自ら死刑囚を拷問の餌食にしていった。アレクサンダーは罪人にしかるべき罰を与えるのは当然だというが、本当にそうなのだろうか?

農村襲撃

儀式に必要な囚人が足りなくなったため、プレネンベルクに近いアルシュタットの村落を襲撃するダニエルとアレクサンダー

囚人が手に入ったものの、何の罪もない人々を捕獲し拷問部屋に送り込んでいった。

ダニエルは逃げようとした農村の娘を口封じのために殺害。自らの行いに罪悪感が噴出し、心身ともに崩壊してしまう。

amnesiaを飲む

アレクサンダーがダニエルを助けたのは、単なる親切心ではない。彼はなにか私的な儀式にオーブを必要としていた。しかしオーブの力を利用しようとしたものには、影の災いが降りかかる。そこで自分は影の追跡をかわす囮として、利用されていたのだろう

彼が罪人だけを処してきたのもでたらめで、罪のない人々を捕らえ、自らの儀式の犠牲にしてきたのは明らかだった。ダニエルはアレクサンダーへの復讐を誓うが、身も心もボロボロの状態。そこでamnesiaという液体を飲む

この液体を飲むと体力が回復するが、記憶を忘却する。そのため自分の目的と、影の驚異の要点を書いたメモを、自分あてに書いた

オープニング

すでに影に汚染されていたダニエルは、城の中枢である聖域からはじき出されていた。

amnesiaを飲んだことによって体力は全快したが、今までの記憶を失っており、自分がなぜ城にいるのか思い出せない

しかし影と呼ばれる存在がまじかに迫っており、自分にあまり時間がないこと。そしてアレクサンダーという人間への復讐は脳裏に刻まれていた。ゲームのオープニングはここから始まる

アレクサンダーの目的

ゲームをやっているとわからないと思うが、アレクサンダーは元々別の次元の人間で、追放されてこの世界に送り込まれた

プレネンベルク城で行われている忌まわしい拷問の儀式は、元の世界に帰るためのポータルを開くために必要らしい。あくまでアレクサンダーは元の世界に帰ることを渇望しているに過ぎない。

肉の絨毯で世界を破滅させようとしているわけではなく、この影の災厄はオーブを手に入れたダニエルの所業。

地下水道

アレクサンダーは守護儀式のあと、ダニエルはすでに影に屠られたと思っていた。しかし、なぜか生きて聖域に向かって歩を進めていることに気づく。

ダニエルは所詮生身の人間なので、取るにたらない。しかし影を引き連れているので、聖域に影がなだれこんで来るかもしれない・・・

聖域

ついに城の中枢である聖域にたどり着いたダニエル。しかしアレクサンダーがいる儀式の間は、オーブの力を利用した装置に阻まれている

城の中で唯一生きた?人間である賢者、アグリッパに遭遇する。彼曰く、完成されたオーブがあれば、聖域に入り込むことができるという

幸い付近の拷問部屋には、過去の儀式で破損したオーブの破片がおかれている。粉々に砕けたままでは効果はないが、ダニエルは過去、タールを接着剤にオーブを組み合わせた経験がある。

オーブの破片をもとめ、自分にとって忌まわしい記憶がある拷問部屋をめぐる

投獄

ついにゾンビーの挟撃に倒れるダニエル。気がついたときには牢屋の中。行き場を失ったダニエルの脳裏に、自分を罵る声が聞こえる・・・

アレクサンダー「守護儀式で助けてやったのに、この恩知らず。断罪なら俺への復讐ではなく、そこで影におとなしく葬られるべき。影が迫ってきて、俺までやばくなったじゃねえか」

しかし牢屋は欠陥住宅だったので、ほいほいっと抜け出しちゃうのだった

なおこの場所で20分ほど待っていると(そんなに待つのか・・・)ちゃんと肉の絨毯が広がっていきバッドエンドとなりスタッフロールが始まる。内容は後述のアレクサンダーエンドとほぼ同じ

最終決戦

ついにアレクサンダーが待つ聖域の間に到達したダニエル。全てを終わらせる時

アレクサンダー「俺を倒すにはwyerの強壮剤が必要だと思っているようだが、別になくても倒せる」
アレクサンダー「俺はあと一回柱を倒されただけで死ぬぞー!」

儀式の間に影がなだれ込み、アレクサンダーは影の餌食に。一方ダニエルは事なきを得た。影に追われていたのはダニエルだったが、アレクサンダーが身代わりになり影の追跡が完了したのだ

忌まわしい記憶が眠るプレネンベルク城から、自らの足で帰路にダニエル

アグリッパの生首エンド

アグリッパがポータルを通ったことにより、アレクサンダーは取り越される。ダニエルともども肉の絨毯にのってしまう
奇跡の賢者wyerの力で、ダニエルは一命をとりとめたっぽい

アレクサンダーエンド

儀式は成功し、アレクサンダーがポータルを通り元の世界に帰還する。一方ダニエルは気の毒だが、影の餌食になってしまう。

アレクサンダーのダニエルに充てた弔いの言葉を最後に、ゲームは終焉を迎える